外国為替証拠金取引・株式投資で資産運用

外国為替証拠金取引・株式投資で資産運用へようこそ

外国為替証拠金取引や株式投資に関するサイトです。これから投資を始めようとしている方や投資を始めたばかりの方にFXや株式投資の基本や用語集などを扱っています。

外国為替証拠金取引・株式投資で資産運用項目一覧

CATEGORY TITLE

FX 初心者

FXとヴァーチャルFXについて
FX初心者が、すぐにFXデビューできるかというと、やはり不安要素は残りますよね。 そういうデビュー前のFX初心者のために用意されているのが、ヴァーチャルFXというものです。 ヴァーチャルFXとは、オンラインで出来る一種のマネーゲームで、参加者には仮想マネーが渡されて、これを仮想FXの世界で増やしていくというものです。 費用は一切かかりませんし、抽選で豪華賞品が当たるものもあります。
FXの知識と本について
どんな本でも同じですが、FX初心者向け、中級者向け、上級者向けの本がありますが、FX初心者にとっては、当然初心者向けの本を買い求めることになります。 しかし、本を選ぶときにあまりセンセーショナルなタイトルの本は要注意です。 「年収5千万円の道」とか、「毎日が給料日」とかいう一見魅惑的なタイトルの付いた本は、FXのメリットばかり強調して、リスクについてはおかんむりを決め込んでいる場合があります。
FXの魅力とは
「FX」とは、日本語では「外国為替証拠金取引」といい、簡単に言えば、外貨取引を中心とした資産運用プランです。 ここでは、FX初心者向けにFXの魅力や株取引との違いについて説明して行きたいと思います。 まず、FXのメリットは小額の投資で簡単に始められる点です。 株取引だと自己資金として最低でも数十万円は必要です。 しかし、FXでは1万円から始めることができる場合があります。(一般には10万円くらいです) すなわち少ない資金で大きな取引ができるので、資金運用の入門としては、株より手軽かつ簡単で、外貨預金よりは大きく儲けることができるのです。

FX 初心者:詳しくはこちら

FX 情報商材

FXの儲け方と情報商材
FX関連のキーワードでヒットするサイトには、時折「私は3ケ月で200万円儲けました」とか「この成功法則を知っておけば1年で2000万円儲かる」などといった夢のような情報が有料で提供されているものをよく見かけると思います。

FX 情報商材:詳しくはこちら

FX 税金

外貨投資と税金とは
外貨投資の税金についてみていきましょう。 外貨預金の手数料と税金について <手数料>・為替手数料対銀行によって異なる <税金>・利息対20%源泉分離課税・為替差益対総合課税(雑所得)
FX取引 コストと税金について
FX取引で利益が出たとしても、その利益がすべて自分のものになるわけではありません。 FX取引の手数料やスプレッド、そして税金を支払う必要があります。 まず手数料の場合、会社によって違いますが、たとえば1ドルの片道(売りまたは買いのどちらか)で0.02円~0.4円といったところです。

FX 税金:詳しくはこちら

FXの魅力

FXの魅力 資産の保全
今の時代、資産保全の見地から見ても、資産を分散して、かつ円以外の様々な外貨で保有しておくことを考える必要があるかもしれません。 もし、退職金を含めた資産が3千万円あるとしたら、ペイオフを考慮して、例えば、円で1千万円、ドルで1千万円、ユーロで1千万円という風に分散しておけば、万が一日本経済が壊滅しても、生活して行けますし、外貨預金やFXで資産運用ができます。
FXの魅力 利息でも儲かる
FXの利息はスワップポイントと呼ばれていて、これも日本の定期預金の情けない低金利に比べて有利で、しかも福利で運用することができます。 スワップポイントの相場は、通貨によって様々です。 FX初心者でも複利で運用すれば長期的には結構な額を稼ぐことができる可能性があります。 為替相場が激しく変動する場合は為替差益狙いで短期の取引をし、為替相場があまり変動しない場合はスワップポイント狙いで長期の取引をして稼ぐといった風なように為替相場に応じて対応するというのが、FX初心者向けのテクニックと言えるでしょう。
FXの魅力 ローリスク
FXは、株取引に比べて比較的楽で、FX初心者にとっても敷居が低い資産運用法といえるものです。 また、株よりはローリスクであるとされています。 株の場合、企業の業績が基本にありますから、2007年に多発した偽装表示等の不祥事や、外的、内的要因によって、保有株が一夜にして暴落して大損してしまうことがあります。

FXの魅力:詳しくはこちら

FX取引 注文方法

FX取引の注文方法とは
FXの注文方法にはいくつかの種類があります。 代表的な注文方法には、成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFO(アイエフオー)などの注文方法があります。 基本となる注文方法は、成行注文、指値注文、逆指値注文で初心者はまずこれらの注文方法に慣れてから他の自動注文方法を試すのが良いでしょう。

FX取引 注文方法:詳しくはこちら

なぜ推奨銘柄は買ってはいけないのか

株式投資となぜ推奨銘柄は買ってはいけないのか?
そんな大儲けの人達がいる中、株式投資を初めて取り組むほとんどの人は最も致命的な間違いをしてしまい株で損をしてしまっています。 それが“本や雑誌を買ってきて、そこで取上げられている推奨銘柄を買う”という行為なのです。 実際、株式投資で儲け続けている人達は株本や雑誌で取上げられているような推奨銘柄なんてまったく見ていません。 実際、経済アナリストがもっともらしい事を話している事もまったく聞いていません。 なぜなら、それらを見たり、聞いたりしていても株式投資で儲からない事を知っているからです。 では株で儲けている人は、何を見て何を買っているのか?

なぜ推奨銘柄は買ってはいけないのか:詳しくはこちら

システムトレード

FXの儲け方 システムトレードとは
システムトレードとは、取引について一定の条件の下で動作するプログラム(ソフトウェア)を用いて、パソコンでほぼ自動的に取引を行うものです。 これはFXだけではなく、株や先物取引などでも使われています。

システムトレード:詳しくはこちら

スワップポイント

FX取引と利息収入
FXの魅力の一つは、インカムゲイン(利息収入)があることです。 利息収入については、普通の外貨預金や外貨MMFでも同じですが、FXの場合は利息を日々受け取れるということ、スワップポイントと言って、通貨間の金利差を利用して稼ぐので、普通預金と比較して利率が高いのが特徴です。 ただし、FXは外貨預金とは異なり、積極的に儲けて行く投資ですから、FX初心者とはいえ利息収入に安住するのは好ましくありません。

スワップポイント:詳しくはこちら

リスク管理

FX取引とリスク管理
レバレッジを基本として売り買いを行うFXには、「マージンコール」と「ロスカット」という二つのリスク管理手続きが存在します。 まずマージンコールとは、保証金の50%を超す損金が出たときに、その時点で決済するか、追加保証金の拠出を求める制度のことです。 続いて、「ロスカット」です。 これは日本語の俗称「損切り」になります。 ロスカットの例としては、証拠金の20~30%(取引業者によって異なる)になると、持っている通貨の一部やすべてを決済してしまうことです。

リスク管理:詳しくはこちら

儲け方

FXの儲け方とデイトレ
FXデイトレとは、超短期取引ともいい一日に何度も売り買いの取引を行うことです。 為替の相場が一日のうちで激変することは滅多に無く、たいていは1ドル当たり0.05円程度の変動を追いながら、細かく売り買いをして、小さい儲けを少しずつ積み上げて行くことになります。 リスクが非常に低く、ある意味ではFX初心者向けの儲け方とも言えますが、いくつかの制約条件があり、次のとおりとなっています。

儲け方:詳しくはこちら

投資を見分ける5つのチェックポイント

正しい投資を見分ける5つのチェックポイントとは
今、一部の投資家を除くほとんどすべての投資家は日々ひどい状況に追い込まれているようです。 下記のチェックポイントであなたの投資が正しい投資が出来ているか? チェックしてみてみましょう。 下記の5つのチェックポイントを通過して一つもひっかからなかった場合、あなたは正しい投資をしている 事になります。 でも、もし一つでもYESが付くとしたらあなたの投資の中には、破滅へとつながる一本の導線が引かれている事になります。

投資を見分ける5つのチェックポイント:詳しくはこちら

為替差益

FX取引と為替差益
FX(外国為替証拠金取引)で行われる取引には、大きく分けて、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。 ここでは、FX初心者向けにその概要と違い、使い分け方について説明してみましょう。 まず、キャピタルゲインは、日本語では「為替差益」で儲けることを言います。

為替差益:詳しくはこちら

証拠金

FX取引と証拠金について
FX取引は最初に証拠金をFX取引業者に預けることによって取引が開始されます。 外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でまかなうのではなく、一種の担保のような資金をFX業者に預けて取引を行います。 証拠金の額は、最低1万円、一般的には10万円くらいが相場のようです。 この証拠金に対してレバレッジをかけることで、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が可能になります。

証拠金:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

FXとは

FXをするメリット
FXで投資をするメリットはいくつもありますが、まずあげられるのが何より小さな金額で始められるということが最大のメリットでしょう。 これは、預け入れたお金を「証拠金」として扱い、それを担保として、証券会社から大きな金額の取引を行う権利を得るというFXの仕組みから来るメリットです。
FXは初心者おすすめ?
株は銘柄が多い上に、判断材料も多いですが、FXでは株ほど銘柄が多くありませんので...
FX(外国為替証拠金取引)で資産を形成
FX(外国為替証拠金取引)は資産を形成する上で有効な投資方法のひとつです。 19...
FXチャートのチャートとは
FXチャートのチャートとは、一定期間(5分、1日、一月、1年などいろいろあります...
外国為替証拠金取引(FX)とは
FX(外国為替証拠金取引)とは、取引会社に証拠金(担保)を預けてから、為替ドルな...

FXとは:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

不動産投資

不動産投資とは
不動産投資とは、不動産(土地や建物)を取得して賃貸収入を得たり、取得価格より高額で売却をして差額を利益として得ることを言います。 一般的に不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンといわれています。 投資用の不動産には、マンションや戸建て住宅、土地などがあります。

不動産投資:詳しくはこちら

マンション 投資

マンション投資とは
マンション投資とは、マンションを購入してそのマンションに居住するのではなく、賃貸をして家賃収入を得るという投資方法になります。 マンション投資というと、マンションを1棟分所有すると思うかもしれませんが、そうではなく1部屋(住宅)からでも可能です。

マンション 投資:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

住宅ローン

住宅ローンと年収
住宅を購入するに当たって、判断材料となる項目はいくつかあると思います。 例えば、立地条件、面積、日当たり、施設、周りの環境……それらを総合して、自分の住みたい家であるかどうかを判断する事になります。 しかし、ある意味それ以上に重要なことがあります。 それは、価格です。 そして、その価格の許容範囲を決定付けるのが、ご自身および家族の年収です。
住宅ローン申し込み時の必要書類
住宅ローンを選び申し込む際に必要書類を提出しなければなりません。 住宅ローンの必要書類は申し込む金融機関によって異なりますので、あらかじめ確認をしておく必要があります。 ここでは、住宅ローン申し込みの際に提出しなければならない必要書類についてまとめます。
住宅ローンアドバイザーとは
住宅ローンについて、良くわからないと言う方は多いかと思います。 実際に住宅を購入する機会など一生の内そう何度もある訳ではないので、大抵の人は未経験ということになります。 金額的にも期間的にも一生モノといえる住宅ローンを、右も左もわからないままで決めてしまうのは余りに危険なのでしょうか。 そう言った方々の手助けを行う為の存在が、住宅ローンアドバイザーなのです。

住宅ローン:詳しくはこちら

住宅ローン 保障料

住宅ローンの保証料とは
住宅ローンを組む際、保証会社によっては保証料を支払わなければならない事があります。 この保証料とは、万が一の時に返済を肩代わりする『連帯保証人』と言う制度を、肉親や知り合いに頼む代わりに、保証会社に依頼する際に発生する料金のことです。

住宅ローン 保障料:詳しくはこちら

住宅ローン 審査

住宅ローンの事前審査の利用
住宅ローンに事前審査というものがあります。 これは、ほとんどの金融機関で導入されています。 住宅ローンの事前審査とは、住宅ローンの審査が通るどうか不安な方のために、申し込み前に無料で行われる仮審査のことです。 住宅ローンの審査というものは、申し込みをして審査を受け、審査に通ってやっと融資を受けられるものでした。 申し込みから審査についての返事が来るまでに1週間くらいの時間がかかってしまいました。 これが仮審査では、3日以内に返事をもらうことができます。
住宅ローンの審査基準とは
住宅ローンを借り入れするに当たって、各金融機関では借り入れをする方を審査します。 これは、消費者がローン返済の能力がどの程度あるのかを見極める為に必要な作業なので、どの金融機関であっても行います。 その審査の基準とはどう言ったものなのかというと、 まず、申し込み時の年齢と完済時の年齢です。 大体の場合は20歳~80歳までの間でなければ住宅ローンを組む事ができないようになっています。 次に、返済能力に処決する部分である年収、勤務先、業種、雇用形態、勤続年数などを審査します。

住宅ローン 審査:詳しくはこちら

住宅ローン 比較

住宅ローンのシミュレーションを利用する
住宅ローンのシミュレーションとは、数値を入れるだけで、毎月のローンの返済額がいくらになるか計算してくれるとても便利なサービスです。 将来の返済計画をしっかり建てるためにも、シミュレーションで具体的な数字を出して検討すると良いでしょう。 インターネット上でなら、簡単にいろいろなシミュレーションを行うことができます。 自宅でゆっくりと好きな時間に行うことができるので、利用する価値があります。
住宅ローンの比較サイト
住宅ローンの検討を行う際に、一体どの会社でローンを組めばいいか迷う方も多いかと思います。 住宅ローンは、一生の内かなりの割合を占めるローンであり、このローンをどれだけ自分にとって有利な条件で組めるかというのは、その後の一生を左右すると言っても過言ではないほど大切です。 現在、インターネット上に沢山の住宅ローン比較サイトが存在します。 それぞれに特徴があり、見易さが売りの所もあれば、データが充実していることが売りの所もあります。 これもやはり、自分のニーズに即したサイトを選ぶ方がより円滑に調べられます。

住宅ローン 比較:詳しくはこちら

住宅ローン 税金

住宅ローン控除の為の確定申告
住宅ローンには、条件さえ合えば所得税から一部の金額が還付される控除制度というものがあります。 その住宅ローン控除を行うにあたり、確定申告を行わなければなりません。 ここでは住宅ローン控除の為の確定申告を簡単に行える方法をご紹介します。 確定申告は様々な書類を集め、目を通し、沢山の項目に記載しなければならず、とてもとっつきにくい作業です。 しかし、現在はインターネットを使って書類の作成を行うことが可能です。
住宅ローン控除の条件とは
住宅ローンに控除制度と言うものがある事をご存知でしょうか? 住宅ローン控除とは、...
住宅ローンの減税率
住宅ローンには、住宅借入金等特別控除という減税制度があります。 これは、一定の条件を満たしている場合、所得税の税額が幾らか控除されるという制度です。 最長で10~15年の減税が可能で、トータルだとかなりの金額を浮かせる事ができます。 控除期間は基本的に10年までですが、平成19年、20年入居者のみが15年まで受けられます。 ただし、10年と15年では控除率が変わってしまうので、どちらが控除金額が多いかはケースバイケースとなっています。

住宅ローン 税金:詳しくはこちら

住宅ローン 返済

住宅ローンの借り換えで返済の総額を減らすこと
住宅ローンの借り換えの目的は、支払いを軽くすることです。 住宅ローンの返済の負担が大きい場合、住宅ローンをもっと早く払い終わりたいという時などに利用する方が増えています。 支払いを軽くするためには、元の住宅ローンの金利よりも低い金利のものに借り換えることです。
住宅ローンの借り換え
住宅ローンに借り換えと言うシステムがあります。 借り換えとは、現在借入をしている住宅ローンよりも金利の低い住宅ローンを見つけた際に、その住宅ローンから新たに借入を行い、それまでの住宅ローンを一括返済してしまう事です。 金利が低い住宅ローンに移行させる事で、以降の支払いが楽になるのですから、これを利用しない手はないでしょう。
住宅ローンのシミュレーションとは
住宅ローンを組むに当たり、現在の年収から月々にどれだけの額を支払う事ができるかと言う試算を行う必要があります。 というのもそこから導き出された金額によって、購入する住宅の金額も自ずと決まってくるからです。 ただし、月々のローンだけでは当然算出はできません。 なぜなら金利タイプやボーナスなどの要素が絡んでくるからです。 それが面倒と言う方には、住宅ローンのシミュレーションがお勧めです。 住宅ローンのシミュレーションとは、インターネット上で行われている返済ローンのシミュレーションで、自分の年収や月々に支払い可能な金額、返済期間、金利などを記載するだけで、幾らの住宅を購入できるかが瞬時にわかるサービスです。
住宅ローンの返済計画
住宅ローンは非常に長期に渡って付き合っていくローンです。 その金額は、一生の所得の内のかなりの割合を占める事になると思います。 つまり、住宅ローンの選択は人生の中の大きなポイントと言えます。 そのため住宅ローンをどうやって返済していくかと言うのも、大きなポイントとなります。
住宅ローンの繰り上げ返済
住宅ローンの繰り上げ返済とは、毎月の決まった返済額よりも多く返済して、住宅ローン残高を減らしていくというものです。 繰り上げ返済をすることによって、返済期間を短くすることもできますし、または期間を変えずに毎月の決まった額を減らすこともできます。

住宅ローン 返済:詳しくはこちら

住宅ローンの種類

住宅ローンの金利タイプ
住宅ローンには大きく分けて三つの金利タイプがあります。 それは、固定金利期間選択型、全期間固定型、変動金利型です。 固定金利期間選択型とは、固定金利の期間を最初に選択し、それ以降は変動という形に移行するタイプです。 全期間固定型とは永久に金利の変わらないタイプ、変動金利型は返済日数によって金利が変動していくタイプです。

住宅ローンの種類:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

先物取引

先物取引の転売と買い戻し
先物取引は、決済期日前であれば自由に転売でき、買戻をすることもできます。 これが...
先物取引とは
先物取引とは、英語でフューチャーズ(Futures)といい、先渡し取引の欠陥を取...

先物取引:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

外国為替

変額レンジ・フォワード戦略
オプションをヘッジするときの問題のひとつにプレミアムがあります。 というのも、ヘ...
バリアオプション戦略とは
バリアオプションとは、特定の条件を前もって決めておき、その条件のレベルになると発...
外国為替
(1)プレミアムの変化についてオプションには3つの状態と価値があります。 *イン...
外国為替とは
外国為替(外為)とは、異なる通貨を交換することをといいます。 外国為替で自国通...

外国為替:詳しくはこちら

外貨

新興市場の通貨とは
新興市場(エマージングマーケット)とは、高い経済成長力をしている国や発展途上国の...
オーストラリアドル/日本円の特徴
オーストラリアドルは高金利通貨(2005年秋、5.5%)で外貨預金でも人気があり...
英ポンド/日本円の特徴
外国為替証拠金取引(FX)において、通貨の特徴を知っておくことで、投資の判断材料...
外貨建てMMFとは
外国投信とは、海外の投資信託会社が運用している外国籍・外貨建ての投資信託のことで...
紛争時のときなどに強い通貨
戦争や紛争の勃発で、世界や地域が危機的な状況に陥ったときに一時的に資金を安全なと...
ユーロ
ユーロは、米国についで取引がなされている通貨です。 そのユーロの加盟国は現在のと...
米ドル
米ドルは、現在、多くの国際取引の決済に圧倒的に使われています。 その割合は約90...
中国の人民元と為替の自由化
近年中国の経済成長著しくもはや無視できない存在となりました。 そのこともあり、中...
外国為替市場で取引される通貨
外国為替市場で取引される通貨をあげると次のようにものがあります。 米ドル、ユーロ...
中国の人民元
中国の人民元は、1994年の外貨改革により市場の需要と供給よる為替制度を開始し...

外貨:詳しくはこちら

外貨預金とFX

外貨預金とFXの違いとは?
外国為替証拠金取引(FX)と外貨預金との違いを比較してみたいと思います。 まず、FXは、証拠金(保証金)を担保にお金を借りて為替相場で取引を行うものです。 いくらまで貸してくれるか(レバレッジ)は取引業者によって異なります。 購入する最小単位も取引業者によって異なり、通常は米ドルの場合は最小1万ドルからが普通です。

外貨預金とFX:詳しくはこちら

為替

FXと為替
FXでの為替取引は、個人出資金を補償として、外国為替相場での運用で利益を出すというシステムです。 日本通貨ベースでのみのFX為替取引に比べ、通貨ベースを指定しない方が運用に自由度は出ますので、大きな利益はねらえます。 しかしながらあくまでFX為替ですので、保証金は少なくて大きな額の為替運用ができるということは、当然ながら大きな額の損失も考えられるということになります。
為替レート
為替レート(外国為相場)は、通貨を他の 通貨に替える際に必ず決定されます。 貿易...
コモディティ通貨とは
鉱物資源などを産出し、それを主な輸出品としている国の通貨をコモディティ通貨あるい...
外貨 ポンド
ポンドは、変動の激しい通貨ですのでFX初心者にはあまりおすすめの通貨ではないかも...
円と世界の経済の関係
円は世界の経済成長と密接な関係にあります。 その関係とは、世界の経済が発展するこ...
ポジションの評価は、正しく評価すること
先物取引や通貨ポジションは正しく評価することが大切となってきます。 いままで、企...

為替:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

外国為替証拠金取引

FX取引の投資手法とは
FX取引の投資手法には、実に様々な方法があり、投資の方法がよく分からないと言う方は多いかと思われます。 金融商品は、FX取引のほかにも株や為替・オプション、不動産などといった投資対象も含めると、非常に多くの商品があります。
FX投資と投資家の環境は劣悪
FX投資は、今では普通の人が普通に行う資産運用方法ですが、まだまだ投資家をとりまく環境は不十分のようです。 もし、あなたがFX投資をしていたり興味があるようであれば、ぜひ下記をお読み下さい。
FX自動売買でも必ずしも利益が出るわけではありません
FXの自動売買が流行っているようです。 FXの自動売買プログラムはいろいおなものがあります。 しかし、ゴールデンクロスなどの単純な判定による自動エントリー,自動クローズで必ずしも利益が出るわけではありません。 海外ではシステムトレードの環境がある程度整っているため、システムトレードに対する議論も活発ですが、一方で多くのトレーダーたちが自動売買に見切りをつけている節もあるようです。
FX自動売買とは
FX取引(外国為替証拠金取引)では、自動売買という選択肢があります。 FX取引などの投資のプロというのは、毎日為替をチェックして、淡々と機械的に取引を行います。 FXの自動売買とは、パソコンのプログラムが、あなたにかわって日々の取引を自動的に、そして機械的に代行してくれるものです。
fxのデイトレ
fx(foreign exchange)とは、外国為替証拠金取引と呼ばれる、外貨...
外国為替証拠金取引(FX)の始め方
外国為替証拠金取引(FX)を始める場合、外国為替証拠金取引(FX)を取り扱ってい...

外国為替証拠金取引:詳しくはこちら

テクニカル分析

テクニカル分析 ダウ理論 その(2)
トレンドについての理論には、三つの波動(トレンド)があることをFX初心者は憶えておきましょう。 その3つのトレンドとは、長期トレンド(Major or primary trend.主要波動)、訂正トレンド(Secondary trend.ニ次波動)、短期トレンド(Minor trend)です。 また、短期トレンドより小さい動きとして、日々の変動(Daily fluctuation)があります。
FX テクニカル分析 エリオット波動理論 (2)
FXについても同じようなことが言えるでしょう。 FXで成功するには、先達の体験談を研究したり、自分で実際に試してみて成功や失敗を経験してみて、いくつかの成功法則に従って相場変動を予測してみるというバランスの良い一連の経験によって、自分自身の成功法則バージョンを作るということです。
テクニカル分析 エリオット波動理論とは
テクニカル分析における成功法則のひとつに、エリオット波動理論というものがあります。 名前だけ聞くともの凄い名前の理論ですが、それほど難しくはありませんので、ぜひ頭に入れておいて欲しいと思います。 エリオット波動はR.N.エリオット氏の理論で、相場というのはフィボナッチ数のもと一定の基本的リズムがあると考えました。
テクニカル分析 ダウ理論とは
今回は、「ダウ理論」というものをご紹介します。 ダウ理論とは、19世紀の経済学者チャールズ・H・ダウの没後、彼が『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙に書いた論説が基になっています。 この理論は、株や先物、為替の成功法則として広く知られているものです。

テクニカル分析:詳しくはこちら

取引業者を選ぶポイント

外為どっとコムのFXとは
外為どっとコムの外国為替証拠金取引には、短期間で利益を得たい方を対象にした商品と中・長期に運用して利益を得たい方を対象にした商品の2種類の商品があります。 短期間の商品は、毎日デイトレードしているように常に売買をしている方を主な対象として、取引手数料ゼロのFX(外国為替保証金取引)で、売買にかかる手数料がすべて0円です。 取扱い通貨は、12種類の通貨ペアあり、手数料は一切かかりませんので、どの通貨を何回、何万通貨お取引してもコスト負担はゼロです。
FX知識と業者比較
FX初心者が、ヴァーチャルFXなどで取引の仕方にも慣れて、いよいよFXデビューする際には、まずFX業者選びから始めなければなりません。 もちろん、どの業者でも相談に行けば親切に説明してくれるでしょう。 ですが本当に良い業者はどこなのか? たくさんある業者の中から優良な業者を選ぶのは、FX初心者にとっては大変です。
オンライントレードの比較
株式投資やFX(外国為替証拠金取引)において、オンライントレードを比較する際のポ...
FXの比較
FXとは外国為替証拠金取引です。 このFX取引というのは、簡単に説明すれば、「通...
外国為替証拠金取引(FX)で取引業者を選ぶポイント
外国為替証拠金取引(FX)は取引業者のインターネットのサイトを通じて行う場合、為...

取引業者を選ぶポイント:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

外国為替証拠金取引のポイント

ドル・コスト平均法とは
ドル・コスト平均法とは、一定の金額において株を定期的に買って行く投資方法のことだと言い表すことが出来ます。 それではどうしてドルコスト平均法というものがあるのでしょうか。 それはドルコスト平均法が長期の投資に適しているとされているからです。
FX投資を学ぶのにはリアルが一番です
相変わらず混乱の世界経済が続いていて、投資家にとっては、目が離せない展開が続いています。 そんな投資環境の中で先日、投資を学ぶのにセミナーの案内を送りましたが、なぜセミナーでなければいけないのか、セミナーを開催する松下誠さんの考えをお伝えします。 技術の発展した今の時代では、確かに直接セミナーを受けなくても、本やマニュアル、DVDなんかを使って個人で学ぶ事もできます。 だから当然、セミナーを主催している松下さんも自身のセミナーを撮影したDVDなんかも持っていますし、マニュアルもメルマガでも伝えています。
投資セミナーに来た質問集
今年の大荒れ相場の中、FX投資で利益を上げていくセミナーが東京、大阪で開催される 事を紹介しました。 どんどん参加されていっているみたいなんですが、 いくつか質問があったそうです。
日本中の混乱時は、FX投資で儲けるチャンス
相場が荒れても、相場が安定していても、関係なく利益を上げ続けている人達がいるんです。 実はFX投資の場合、多くの人がピンチの状況だったら、裏を返せば、チャンスの展開が続いているとも言えるんです。 どうやったらそのチャンスをものにできるのか? それさえ分かれば、今は過去の相場よりももっと稼げる相場なんだそうです。 知らなければならない事はいくつかありますが、大きくは1つだけだそうです。
85%が間違った投資をしています
先日、ニュースで東京金融取引所での2007年のFXの 売買高が円換算で何と44兆円になり、2006年の3倍の 規模に膨らんだとありました。 その理由はたくさんありますが、まずは取引手数料を無料に するなどの各社のサービスの拡充や為替相場の変動が大きく なったことにより為替差益を狙った取引が増えたなどです。 その他には今年に入って、株安を嫌気してFX取引を始める 投資家が増えたという話もありました。 さて、ここで藍原さんに1つご質問します。 1年で売買高が3倍になったおかげで、個人投資家の利益は 等しく3倍になったでしょうか? ほぼ全員が即答するでしょう。「そんな訳はない」と。 でも、多くの人はこう思いませんでしたか?「それだけ盛り 上がっているなら、自分でも儲かるのではないか?」と。 でも、事実は去年の後半で数多くの投資家が多大な損失を 出してしまいました。 残念ながらほとんどの投資家が間違った投資をしてしまって いるのです。
日本中の混乱時は、投資で儲けるチャンス
2008年が明けてから、アメリカの株価暴落をはじめとした世界同時株安が起きて、世界中がとても混乱しています。 そんな中で、株だけじゃなく、FX投資をしている人も、円相場の暴落で大打撃を受け続けています。 まさに今、日本中の投資家が先行き不安のストレスを溜める展開が続いているといえるでしょう。
FX投資 情報より事実に注意を注ぐ
2007年も、もうあとほんの少しで終わりそうですが、相変わらず、相場はアップダウンの激しい不安定な相場状況が続いています。 このような状況の中で、円安、円高、いったいどちらに動くんだろうと、経済アナリストのコメントとかニュースとかチェックして、経済の状況について探したくなってしまいます。 そういった状況の中で、はまってしまいやすい落とし穴について私の投資のメンターの松下誠さんは大切な事を言っています。
FX バーチャルトレードの罠
バーチャルトレードとは、実際のお金で売買するのではなく、 架空のお金(つまりバーチャル)を使って、売買に慣れてもらう という投資を初めてしようとする人にとって、投資に慣れ親しむ のにとても重要なシステムです。 ただ、そのバーチャルトレードが多くの損失を生み出している 隠れた事実が実際にあるので、そのバーチャルトレードに隠された 【落とし穴】についてお伝えしなければいけません。
チャンスが見えている人、見えていない人の違いとは
相場の流れが変わるとき、また相場の値動きが大きいとき、 あらかじめどう行動していいのか準備ができていない人は何が 起きたのか分からず、それまで上げていた利益を短期間で失う、 もしくは損失を膨らませてしまいます。 チャンスが見えている人、見えていない人の違いとはどのようなものなのでしょうか
FXで利益のチャンスが来る人、来ない人
過去の相場を振り返ってみていると、大きな動きが起きていて ここで乗っていたら大きな利益が出たのになーという思いに なる事はよくあると思います。 毎日相場をちゃんと見て、投資をしているのに、なぜかそんな大きな チャンスがきたときに、乗って利益を上げられないんだろう? と思って、 悩んでしまうことはないでしょうか? そして、悩んでもなかなか答えがでてきません。 それは投資をするときの前提としての、大切な事が欠けている事が原因になっています。
先行きが見えない円相場とは
FX投資をしている人にとって、今の円相場はとても不安定で利益を 上げにくい相場展開といえるかもしれません。 でもそんな円相場の未来の先の形となりえる可能性が非常に高い 相場が過去に、しかもそれほど遠くない過去に出ていたようです
勝てる時だけ投資をする
私の尊敬する投資家の松下誠さんは、ご自身が配信しているメルマガの 中で、こういった持合い相場でどう対応していけばいいのかについて 書いてくれていました。 とても、参考になる内容でしたので、松下さんの許可の下 紹介させてもらうことにしました。
4億円の価値を得るたった1つの方法
結論から言うと、FXで楽に儲けることはできる。 しかし、それは投資における正しい知識を持った上での話だ。何故、正しい知識をもたなければダメかというと、次のような理由が挙げられる。
今回の円相場の大暴落で大損してしまっていたとしたら
今月、大暴落で壊滅的な大損失を抱えた人へ緊急連絡! 大暴落を一気に利益に変える投資法。 今月、円相場で10年来の大暴落が起こり日本中の方々が 大損失を抱えてしまいました。 通貨によって、たった1ヶ月で30円もの暴落があったほどです。
FX初心者と金利
FX(外国為替証拠金取引)は、その言葉のとおり異なる通貨を交換することです。 通貨を交換ときの為替レートが変動することを利用しますので常に通貨ペアが存在します。 「アメリカドル・ユーロ・イギリスポンド・スイスフラン・ニュージーランドドル・オーストラリアドル・カナダドル」等はほとんどの業者が取り扱っています。 その中で、ニュージーランドドルも高金利な通貨です。
為替レートjとチャートの読み方
チャートとは、為替レートの顔の動きを表した図やグラフの事です。 為替レートを図や...
追証
外国為替証拠金取引にも追証があります。 追証というと大豆や小豆などの先物取引とい...
外国為替証拠金取引(FX)で投資するメリット
外国為替証拠金取引(FX)で投資するメリットは、株式取引と比較していろいろあると...
通貨ペアの動きを利用した運用方法
為替ディーラーは、いろいろな通貨のポジションをもって売買しています。 その際にも...
スワップ投資で年率5-10%をねらう
外国為替証拠金取引(FX)で低レバレッジ(1-2倍) のスワップ投資で「年率5-...
外国為替証拠金取引で注意すること
外国為替証拠金取引(FX)や株式投資だけでなくほかの投資においてもそうだとおもい...
自分が得意となる通貨ペアを持つ
自分の得意な通貨ペアを持つことで投資成績がずいぶんと違ってきます。 はじめて外国...

外国為替証拠金取引のポイント:詳しくはこちら

FX取引 リスク

FX取引のリスクとは
FX取引のリスクには、価格変動のリスク、金利リスク、流動性リスク、信用リスク、オンライン取引リスクなどがあります。 FX取引は外貨取引で、外国為替市場の変動や世界の政治的・経済的な要因をはじめ、さまざまな要因による価格変動のリスクがありますので為替相場の変動により、FX取引を続けられなくなるリスクがあります。

FX取引 リスク:詳しくはこちら

為替の動く要因

FXと相場に対して準備をする人、しない人
先週末から、円相場において大きな下落が起きています。 これは8月に起きたアメリカのサブプライム問題による暴落がフラッシュバックされてしまうような、そんな相場の展開の仕方です。
サブプライム再来!?
今、円相場を買っている人、売っている人、何もしていない人が どう行動を取っていけばいいのか。 私の投資のメンターである松下誠さんがメルマガで具体的な行動指針を 話してくれています。
為替ポジションと為替レートリスク
為替レートにも当然のことながらリスクが存在します。 今回は、為替レートのリスクを...
キャリートレードでの運用方法
キャリートレードとは キャリートレードとは、金利の安い通貨を借り入れ、金利の高い...
経済統計の読み方
為替の動く要因として経済統計は、切っても切れないものです。 経済統計とは、定期的...
経済統計
経済統計 ・貿易収支は調査期間と発表時期にタイムラグがあります。 ・速報性に...

為替の動く要因:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

投資に関する基礎知識

投資で1億円稼ぐ具体的な方法
1億円稼ぐ方法は、100万円を安定して200万円にする
技術させあれば可能です。
大切な事はここでは大きな金額を稼ぐ技術ではなく、
"安定"して利益を出せる投資技術です。
投資顧問とは
投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、投資家に対して運用に関する助言を行う業務を行います。投資顧問の業務には、投資助言のみを行う投資助言業務と、投資に関する判断を委任される投資一任業務の2つの業務があります。 こうした投資戦略を一般の投資家にアドバイスとして提供する投資顧問においてもそれぞれ得意とする分野が明確な場合があります。
投資の世界とその影の部分
投資で儲かったという話を聞いて投資を始める人は たくさんいます。ただ、投資の世界のにはほとんど話されて こない影の部分があります。 投資セミナーを開催していると、会場の中には何名か 深刻な悩みを抱えている人が来られます。
株を購入しよう
「株を購入しよう!」と思っても、初心者ですと何の情報を信じれば良いのか、わからなくなってしまうかもしれません。 しかし、必ず購入する株式は自分で判断し決定するようにしましょう。 例えば雑誌やネット上の掲示板などに「この株はねらい目」などと書いてあっても、「絶対上がる」という保証はありません。
インフォシーク マネーとは
インフォーシーク(http://www.infoseek.co.jp/)は、ご存...
女性の株式投資 初心者
女性、その中でも特に家庭の財布を預かる主婦は、家族の生活の場面で、消費税、物価、...
オプション価格の決定のしくみ
オプション価格(プレミアム)の決定は、本質的な価値と時間的な価値の変数によって決...
株式投資の売買の基本
株式投資で利益をだすためには、将来上がるであろうと思われる株を安値の時に買い、 ...
日経225オプション取引とは
日経225オプション取引と株式投資との違いについて解説しましょう。 日経225オ...
オンライントレード 入門
今や、オンライントレードは大変人気があります。 今回は、オンライントレードをする...
あるサラリーマンの株式投資
オンライン取引について、ここでは、ある極一般的なサラリーマンの株式投資の実態の一...
証券ホームトレード
証券ホームトレードとは、つまり自宅のパソコン、携帯電話などの(端末)を利用して株...
オンライン トレードとは
オンライントレードとは、インターネット経由で売買注文を入れる株や為替の取引のこと...
外貨預金3つのポイント
今回は外貨預金についてのポイント整理してみます。 その1  変動金利か固定金利か...
オンライントレードとは
オンライントレードの初心者の方に、オンライントレードについてお伝えします。 オン...
株式投資と預貯金とリスク
株式投資でも預貯金の場合でも、リスクを考えなければならない時代となりました。 リ...
日銀短観
日銀短観は正式には「全国企業短期経済観測調査」と呼ばれ、、景気動向を把握するため...
国際分散投資について
現物株や投資信託などの金融商品の価格変動リスクをコントロールするためには、 「長...
外貨預金のリスクとは
外貨預金は日本の銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能...
投資用のタネ銭に関する3つのポイント
投資をするには元となるタネ銭が必要となります。そこで種銭を増やす3つのポイントに...
トレンドライン
トレンドラインは、外国為替証拠金取引(FX)や株式投資で投資を行う場合、今後のト...

投資に関する基礎知識:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

投資信託

住信-STAMグローバル債券インデックス・オープンとは
STAMグローバル債券インデックス・オープンとは、「シティグループ世界国債インデックス」と連動する投資成果を目標として運用される投資信託のことで、この主な投資先はマザーファンド受益証券です。 「シティグループ世界国債インデックス」は、日本・円ベースを除いた世界各国を対象とした投資になるので、日本経済のローカルな影響を受けない投資信託で、実際の投資先は「マザーファンド受益証券」となっています。
投資信託の基準価格とは
投資信託の「基準価格」と多くの場合にそのような表記を見ますが、正しくは「基準価額」、「投資信託基準価額」のことです。 投資信託の基準価格とは、投資信託(ファンドとも言います)1口当たりの時価のことを言い、個々のファンドの運用成績を表すものです。 投資信託基準価格は、 「純資産額÷受益権口数」 で得られます。
インド投資信託の比較
近年、インド株で組成した投資信託が人気があります。 そのインド株の投資信託の人気...
投資信託基準価格チャートとは
投資信託を始める際に基準となる価格があります。 それは基準価格です。 この価格は...
郵便局の投資信託基準価格
投資信託を購入する人が増えてきています。 その中でも人気が高いのは、毎月分配型と...
公社債投信と株式投信
投資信託は、集めた資金を主に有価証券で運用しています。 この有価証券とは、株式、...
郵便局投資信託 ガイド
郵便局でも投資信託が販売されるようになりました。 投資信託に興味がある人のための...
投資信託の人気ランキング
投資信託の人気ランキングというものがあります。 これはインターネットで調べれば多...
中国株ファンドの今後
ロイターによると、2006年1月現在で、BRICsに投資するファンドの純資産残高...
郵便局投資信託販売
これまで証券会社や銀行、信託銀行などで販売されていた投資信託が郵便局でも販売され...
ピクテ グローバル インカム株式ファンドとは
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)とは、主に電力、ガス、水道...
ベトナムファンド
ベトナムへ投資するベトナムファンドが注目されています。 そのなかでも、「フェイム...

投資信託:詳しくはこちら

リート

リートのリスクとは
リートのリスクについて考えてみると、まず市場で取引されるため価格変動リスクがあり...
J-REITとは
J-REITとは、日本版不動産投資信託のことで、Real Estate Inve...
不動産投資 リート特徴
不動産投資でリスクを考えた場合、アパート・マンション等の空き部屋の比率についてや...

リート:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

政治・経済・金融

保険

医療保険の比較 終身医療保険と定期医療保険
医療保険を比較する際にまず確認しておくべき点は、医療保険は大きく分けると終身医療保険と定期医療保険の2つに分類する事ができるということです。 終身医療保険とは、一生涯の保障をする医療保険で、保険料は契約時のままです。 定期医療保険とは、一定期間の保障をする保険です。保険料は更新の都度変更となります。
家財保険とは
家財保険とは、入居者が入居中に小火や水漏れなどの事故を起こした場合、その原状回復...

保険:詳しくはこちら

投資信託会社

国際投信投資顧問とは
国際投信投資顧問株式会社とは、国内株式型・国内債券型・グローバル株式型・グローバル債権型・不動産投信の5つのファンドを基本とした投資信託会社です。 この国際投信投資顧問株式会社は、1997年に国際投資委託株式会社と国際投資顧問株式会社が、合併してできた会社で、主たる業務は、投資信託に関する業務と、投資一任及び投資に関する助言となっていて、投資信託に関する販売並びに投資家に対するサポートを行っています。

投資信託会社:詳しくはこちら

金利・ローン

年会費無料のクレジットカード
クレジットカードは、クレジット会社および提携会社を含め、多くの会社から色々な形で...
リフォームローンとは
そろそろリフォームしたいけど、家のローンは残っているし経済的に余裕がない。 そん...
銀行系キャッシング
キャッシングといえばクレジットカードや消費者金融を思い浮かべますが、いま注目を集...
住宅ローンの比較
住宅の購入は殆どの人にとって一生に一度の高価な買い物です。 失敗しない為にも十分...
学生ローンとは
学生が一番抱えている問題はお金ではないでしょうか。 両親がお金持ちだとそれほど苦...

金利・ローン:詳しくはこちら

キャッシング

キャッシングの審査
金融機関からお金を借りるキャッシングですが、当然ながら貸す方は慈善事業をしている...
カードキャッシングについて
カードでキャッシングする場合、どのような種類があるのでしょうか。 例えば、消費者...

キャッシング:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

株式投資の基本

株と手数料
株を売買する際にかかる手数料は、証券会社によって異なります。 また、1つの証券会社の中でも、定額制と従量制の2つ、プランを用意しているところもあります。 株は「買って売る」の繰り返しですので、手数料が安いにこしたことはありません。 自分の目的と株売買の頻度に合わせて証券会社や手数料のプランを選ぶことは、コスト面から考えるととても非常に重要といえます。
インターネット株取引
株取引といえば、難しくて素人はうかつに手を出せないという印象があるかもしれません。 確かに株取引には多少なりともリスクが伴いますので、一概に「簡単です」とは言い切れません。 しかし、そういった株取引初心者でも始めやすいのが、俗に言われる「インターネット株」です。
信用取引の実践 持ち合い相場
・持ち合い相場のとき 相場が大きく上がりも下がりもしないで株価が一定の値幅で動い...
信用取引の実践
相場変動によるリスク回避   信用取引で株式投資をする際に、相場変動で大きな損失...
信用取引に向かない取引
信用取引に向かない取引と言うものがあります。 たとえば、現物株で行われる投資手法...
株主配当で儲ける
株で儲ける方法で最初に思いつくのは、値幅をとる方法ではないでしょうか。 すなわち...
信用取引では取引規制情報をチェック
信用取引で株式投資を行う際に、注意しておかなければいけないものの一つに信用取引で...
信用買いと現物買いを比較
信用買いと現物買いをどっちのスタンスで投資をするか考えた場合、資金やタイミング等...
株式投資 2
前回は日足で、株を選び、累投で儲けようと考えたケースをお伝えしました。 うまくい...
株式投資
株式投資を始めようとする時に、一番気になるのは、やはり損をしてしまうことだとおも...
信用取引のレバレッジ効果とは
信用取引の大きな特徴とは、少ない手持ち資金で3倍もの株取引をできるということです...
信用取引のメリット
信用取引のメリットとは資産以上の取引が可能なことです。 信用取引では手持ち資金の...
信用取引の種類
信用取引には制度信用取引と一般信用取引の2種類あります。 一般的に取引がされて...
株式信用取引とは
通常の株式の取引は証券会社などを通じて、現金と株券の受け渡しで行われます。 これ...
株式会社とは
株式会社とは株式が集まって作られた会社のことです。 法律上では株式とは株主権こと...
株の始まり
株の始まりは諸説ありますが、オランダの東インド会社が最初ではないかという説が有力...
指値、成行とは
株式投資の注文の種類には指値注文と成行注文があります。 指値注文とは、株などの売...

株式投資の基本:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

用語集

FXスワップとは
FXスワップとは、外国為替を利用して、外国の通貨を保有しその通貨との金利差による利益を得る取引です。 実際にはFXスワップとして運用できるのは当然金利が高い通貨となりますが、為替の変動ほど金利の変動は大きくないため、為替のリスク軽減のためにスワップ取引を行うという方法もあります。
外国株とは
株式は日本国内だけでなく、もちろん海外マーケットで各国の株式が上場され日々取引されています。外国株とは、文字通りこのような海外の企業が発行する株のことで、国内および国外の証券取引所に上場されている株式を売買することが可能です。 外国株取引を始めうには証券会社に「外国証券取引口座」を開設することで始められます。 外国株の取引では、国内の証券会社の場合、外国委託取引、国内店頭取引、国内上場外国株の売買、大証上場カントリーファンドでの売買という4つの方法があります。
ミニ 株とは
ミニ株とは、取引対象の単元株の10分の1から取引ができる株式投資のことです。 ですから、少ない資金で投資が可能となり、その分リスクも低く抑えて取引できるというメリットがあるため、これから株を始めようとする株初心者にとっては検討に値する取引方法かもしれません。 取引単位が数十万円、数百万円もするような株であったとしてもミニ株ですと手が届きやすくなります。それは、ミニ株とは取引単位が一桁小さい投資法のことで「株式ミニ投資」の略であるからです。
金先物相場とは
商品の先物取引とは、「現物取引に対するもの。3ヶ月・6ヶ月・1年先というように、将来のある一定の時点で、 代金の決済ならびに、特定の商品の受け渡しを行う契約を現時点で行う取引」と定義されます。 このうち金は、東京工業品取引所で先物取引が行われています。 金相場で、先物相場が安値の金先物を買っておいて、後になって上昇した時に売れば、利益を得られます。
金相場チャートとは
金相場チャートとは、罫線表とも呼ばれ、金相場の価格推移を観測するために用いられる指標です。 横軸に時間、縦軸に価格または関数値をプロットし、横軸の期間のとり方によって、日足・週足・月足などに分けられます。 チャートは、単に金相場の動きを反映するだけでなく、投資家の心の動きも見ることができると言われます。
地金相場
地金とは、金属を貯蔵しやすい形で固めたもので、インゴット、バーとも言われています。 俗には、金塊という言われ方をします。 地金相場で、日本で売買されている金地金は純度99.99%の純金で、フォーナインと言われています。最近は、株式市場の低迷や、銀行の倒産があったりで、預貯金の安全性の不安の高まり、アメリカでの同時多発テロの影響などで、金地金相場への関心が高まっています。
ネット株
ネット株とは、ネット上だけで売買されている株のことではなく、一般の市場に出回っている株をインターネット経由でも売買できるという仕組みのことです。 株はネットだけで販売されているわけではなく、証券会社の店頭や電話でも従来どおり売買されています。
両建てとは
両建てとは、同じ通貨ペアについて「売り」と「買い」の両方のポジションを持つことをいいます。 この両建ては、取引手法としては昔からある手法で、ほぼ確立されているものとして良いでしょう。 両建てを誤解している方が良く言われることですが、同じ値で売り買い入れればどちらに動いても儲かる、というのは全く安易な考えです。 やはり建てる場所、外す場所というのをしっかり理解して行えるようになるまでは使用しない方が良いです。
四季報とは
四季報とは、毎年、12月、3月、6月、9月の中旬15日前後あたりにそれぞれ新春号...
金利とは
金利とは、簡単に言うと「お金の使用料金、つまりお金を貸し借りするときの貸借料金」...
テクニカル分析とファンダメンタル分析
為替の動きを予想する際、ファンダメンタル分析とテクニカル分析があります。 ファン...
外為ブローカー
外為ブローカー(がいためブローカー)とは、外国為替において 銀行間外国為替取引市...
円高と円安
よくテレビや新聞で円高や円安 という言葉聞くことと思います。 円高とは、ドルに対...
相対取引
FXの外国為替市場には、固有の取引所はありません。 電話や専門端末を通じて取引が...
RCI
RCI(順位相関指数)とは、株価の変動ではなく、時間の流れと株価の順番の相関関係...
サイコロジカル
サイコロジカルとは、直近、一定期間のうちで株価が上昇した日数で示すラインのことで...
包み足
包み足は、前日が陰線やなら陽線、陽線なら陰線と逆の、しかもその幅値を全て包み込む...
配当利回り
配当利回りとは、投資した資金に対して年率何%の利益が得られるかを利回り計算したも...
鉱工業生産指数とは
FXや株式投資などで投資をする場合、いろいろな指標を参考にして売買を行います。 ...
増益率
増益率とは、来期の予想経常利益がどのくらい伸びているのかをあらわす数字のことで...
PBRとは
PBRとは、株式投資においてよく使われる投資指標のことです。 PBRは資産から見...
TOPIX
TOPIXとは、東京証券取引所が毎日計算して発表している東証第1部の時価総額を示...
日経平均株価
日経平均株価は、日本の株の動きを参考にする基準としてよく使われています。東証1部...
PERとは
PER(Price Earnings Ratio)とは、収益から株価の割安さを考...
スワップとは
外国為替証拠金取引(FX)の特色の一つにスワップというものがあります。 スワップ...
移動平均線
外国為替証拠金取引(FX)投資や株式投資で投資を行う場合、同じようにテクニカル分...
ローソク足
外国為替証拠金取引(FX)や株式投資をする上で、ローソク足は、テクニカル分析なか...

用語集:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

証券CFD

証券CFDの取引を行える時間帯とは
最近は夜間取引を扱う証券会社が増えてきましたが、まだ普及とまではいえず閑古鳥が鳴いている銘柄も多く、あまり活発な取引は行われていません。 そのため、株取引を行っているサラリーマンは、リアルタイムではなく、あらかじめ注文を出してから出社し、退社してからその結果を見るという形になると思います。 これだと、急激な値動きに対応できないため、大損してしまう可能性があります。 それに対し、証券CFDの場合は、24時間いつでも取引可能という非常に大きなメリットがあります。 これは、サラリーマンにとっては非常に大きなメリットといえます。
CMC Markets Japanの証券CFD #2
証券CFDを扱っているひまわり証券とこのCMC Markets Japanを比較するとき、まず最初に目に付くのはやはり手数料でなないでしょうか。 手数料がいくらかで証券会社を決める人も多いので、当然チェックを入れる人はかなりの数に上ります。 では、CMC Markets Japanにおける証券CFDの手数料はいくらくらいなのでしょうか。
CMC Markets Japanの証券CFD #1
国内で証券CFDを取り扱っている証券会社は、今のところ、ひまわり証券と、このCMC Markets Japanの2つくらいで、当然この二つの証券会社の中から選ぶことになります。 CMC Markets Japanは、1989年に外国為替のマーケットメーカーとして設立されたCMC Marketsが、2007年に東京に設立した会社です。
証券CFDは海外向けなの?
まだ国内ではまだまだ無名の証券CFDですが、海外に目を向けてみると、かなりメジャーな金融商品としてたくさんの投資家に愛用されています。 実際、海外で扱われている証券CFDの数の割合は、FXなどと比較しても引けをとらず、 代表的なのが、ロンドン市場で、全金融商品取引の30%が証券CFDとなっています。
新世代のFX?
およそ20年くらい前、日本はとても裕福でした。 銀行に預けているだけで資金はどんどん増えていき、わずか数日で億万長者に上り詰める投資家も少なからずいました。 お金を増やすには、ただ待っているか、少しのリスクを背負うだけ、そんな時代は、確かにありました。 しかし、20年後の現在、それは完全に過去の異物のものとなりました。
証券CFDとは
証券CFDとは、国内外における株式、株価指数、株価指数先物、そして債券先物を対象にした「証拠金」の差金決済取引のことです。 FXが外貨を扱って差金決済取引を行うのに対し、証券CFDは株式や債券を扱う取引となっていて、 証券CFDがポストFXと呼ばれているのはこの為です。

証券CFD:詳しくはこちら

証券CFD 特徴

証券CFDの特徴4 海外で主流になっている金融商品
証券CFDの特徴に、まだ日本ではあまり知られていませんが海外では主流になっている金融商品であるということです。 これについては、まだ日本ではそれほど知られていないため、今勉強しておくと後で流行った時に有利という点が大きな特徴となりますが、同時にまだ未開拓の商品である事も記しておかなくてはならないでしょう。
証券CFDの特徴3 スワップ金利
証券CFDの特徴のひとつとして、スワップ金利がもらえる点で、スワップ金利とは、国...
証券CFDの特徴2 空売り
株式投資などの資産運用を行っている人にとって、不況、日経平均の下落をしているときにそれを利用して儲ける方法もあります。 それが、空売りと呼ばれるものです。 空売りとは、現在は持っていない株を売る事からそう呼ばれています。
証券CFDの特徴1 レバレッジ商品
証券CFDの最大の特徴は、取り扱われているほとんどがレバレッジ商品であるという事です。 レバレッジ商品とは、信用取引など、自己資本以上の投資を行って購入する商品で、自分の予算がそれほどなくても、取引が可能です。 よって、証券CFDにおける取引は、小額の資金しかなくても十分行えます。

証券CFD 特徴:詳しくはこちら

CATEGORY TITLE

証券会社

fx 比較 証券会社
FX(外国為替証拠金取引)で口座開設するうえで、証券会社を比較する際にはずすこと...
コスモ証券のオンライントレード
コスモ証券のオンライントレード「ネットレ」では、手数料がお得です。 このコスモ証券のネットレは、現物、信用を問わず、月初の取引時にまとめて1ヵ月分の手数料を支払うことで各コースの規定回数まで何度でも取引が可能となっているのが特徴です。

証券会社:詳しくはこちら

FX投資の必勝法