スワップとは

FX投資の必勝法

外国為替証拠金取引(FX)の特色の一つにスワップというものがあります。
スワップとは、2通貨間の金利差のことです。

外国為替市場で売買された取引の決済は、通常2営業日後に行なわれますが、個人での外国為替取引は決済を行わず、決済日を毎日繰り延べ、ポジションを決済するまで維持されます。

日々繰り延べしていくことにより、2国間の金利差のスワップが受け払いされます。
金利の安い通貨を売り、金利の高い通貨を買う場合は、その金利の差額分を受け取れます。
逆に金利の高い通貨を売り、金利の安い通貨を買う場合は、その金利の差額分を支払わなければなりません。

スワップとは2種類の通貨(例…米ドルと円)の売買によって発生するもので、2国間の金利差調整のことです。通常は1日単位で受け払いが行なわれ、ポジションを持った日数分を累計しています。


FX投資の必勝法