株式信用取引とは

FX投資の必勝法

通常の株式の取引は証券会社などを通じて、現金と株券の受け渡しで行われます。
これを現物取引といいます。これは時間的な差ということを除けば普通の商品を買うことと変わりはありません。

これに対して、信用取引とは現金で株を買って株の現物を受け取る現物取引とは仕組みが異なります。

信用取引は投資家が証券会社に担保を差し入れて、証券会社から資金を借りたり、株を借りて行う株式投資です。

担保は現金のほか株券などを差し入れることが出来ます。

こうして借りたお金には金利が発生し、借りた株には貸株料や逆日歩(ぎゃくひぶ)というコストが掛かります。

しかし現物取引では、手持ち資金で株を買ってそれを売るという取引しか出来ませんが、信用取引では買ってそれを売る取引のほかに、株を借りて売ってそれを買う取引も出来ます。

これをカラ売りといいます。買ってそれを売る現物取引では、相場が上昇局面で株を安く買って高く売りぬくことで利益確定しますが、相場が下落局面では見ているだけで何も出来ません。

しかし信用取引ではカラ売りで株価が高いときに売って安くなったら買い戻すことで利益を上げることも出来ます。

信用取引では、買いから入る注文のことを信用買い、売りから入る注文を信用売りといい、それぞれが約定したものを買建玉(かいたてぎょく)売建玉(うりたてぎょく)といいます。

信用取引では、買って売る取引か、売って買い戻す取引がセットになります。
買建玉は必ず売って決済し、売建玉は必ず買い戻します。買建玉は売って決済するときに得られた差益から金利や売買手数料を差し引いた金額を証券会社から受けとります(差金決済)。

このお金の代わりに株券を受け取ることも出来ます(現引き)。

FX投資の必勝法