外貨預金のリスクとは

FX投資の必勝法

外貨預金は日本の銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性がありため人気があります。
しかも金融資産を分散することでのリスクヘッジになります。

一見いいことばかりのように思える外貨預金ですが、外貨預金にもリスクは存在します。
外貨預金のリスクとは、まず為替レートの変動リスクがあげられます。

為替レートの変動は、為替差益も生み出しますが、逆に為替差損のリスクもあります。

このリスクの損益分岐点を把握することはとても重要です。

外貨預金の損益分岐点は、例えば、元金100万円を6ヶ月の米ドル預金をした場合、米ドルの年利5%、円が1%、米ドル/円の直物100.00、6ヶ月の先物スワップが4.00とします。

100万円を円預金(金利年1%により)すれば、6ヵ月後、100万5千円です。
ドル預金が、この100万5千円以上の金額になれば、ドル預金をしてよかったことになり、
逆にこの金額を下回った場合、円預金の方がよかったことになります。

米ドルを6ヶ月間運用した場合、1万250ドルです。
これを円に変えて100万5千円になるレートは約98.05です。
つまり、6ヵ月後の米ドル/円の為替レートが98.05が損益分岐点です。
これ以上米ドル/円の直物レートが高ければ利益、低ければ損失ということになります。

外貨預金の損益分岐点がわかったら、6ヶ月の満期までの間に先物レートのヘッジをかけます。
先物レートが変るのは、直物レートが変化するとき、金利差が変化するときです。
米ドル/円の先物レートが損益分岐点を上回るのは、米ドル/円のレートが米ドル高になります。
米ドル金利が下がる。円金利が上がる。という状況のときです。
このように上回ったら、先物レートのヘッジをかけて利益を確定させます。これによりリスクを回避します。
但し、手数料を考慮にいれて損益を計算してください。
外貨預金をする場合、リスクをきちんと把握してするようにしましょう。

FX投資の必勝法