ローソク足

FX投資の必勝法

外国為替証拠金取引(FX)や株式投資をする上で、ローソク足は、テクニカル分析なかでもっともポピュラーなものです。


過去の値動きを表すグラフであるチャートを細かく見ていくと、黒白の長方形が並んでいます。

これが、ローソク足と呼ばれているものです。
このローソク足の黒いほうを陰線、白いほうを陽線とよびます。

この陽線、陰線の動きで、トレンドの波を予測していくわけです。

陽線は通常、白色の長方形で表され、始値と終値が上昇したときに使います。
それとは反対に、陰線は始値から終値が下降したときに黒色の長方形で表されます。

この長方形に、上ひげが高値、下ひげが安値の線を引きます。

白色が続いてくると上昇で、黒色が続くと下降していきます。
特に下ひげが大きく下に伸びたときが上昇の起点になるといわれています。
上昇へのサインです。これを見極めた上で、買いを入れてチャレンジしていきます。
なお、ローソク足には、分足、日足、週足、月足、等あります。これらのローソク足を分析することによって、トレンドの波をつかむことができます。

FX投資の必勝法