外国為替証拠金取引で注意すること

FX投資の必勝法

外国為替証拠金取引(FX)や株式投資だけでなくほかの投資においてもそうだとおもいますが、人のいいなりになるのはよくありません。

たとえば、何も自分が知らないからという理由で、プロの為替ディーラーやアナリストの意見どおりに取引してしまうということです。

なぜ人のいいなりになるのはよくないのかといいますと、
プロの為替ディーラーやアナリストは中立的な立場で動いていないこともあり、利害で動く場合あるかも知れないからです。

つまり、ここらあたりも見極めて行わないと、危険なのです。

投資において大切なことは自分の責任で買ったり、売ったりすることであり、
あくまでプロの人たちの意見を参考にするというところにとどめておくことであると思います。

あくまで、投資は自己責任で行うことを忘れてはいけません。

現在、個人を対象とした投資製品はネットの効果(手数料が安い)などももあり、
いろいろな金融商品が存在しています。

外国為替証拠金取引、株式投資、投資信託、国内外の公債、社債、不動産、外貨預金、などいろいろあります。

では、これらの金融商品の中から外国為替証拠金取引(FX)にどのくらいの割合で投資すればいいのでしょうか。

それは、投資家一人一人最適な割合は違ってきますが、少なくとも全財産つぎ込んだり、生活費をつみ込むようなことはしてはいけません。

外国為替証拠金取引(FX)は、証拠金を担保にレバレッジを使って、何倍かの資金で行う以上、とてもリスクのある商品です。

外国為替証拠金取引(FX)で投資を行うとき、人によって違ってくるとは思いますが、概ね投資資金は余裕資金の2-3割程度で抑えておくほうがよいでしょう。

FX投資の必勝法