スワップ投資で年率5-10%をねらう

FX投資の必勝法

外国為替証拠金取引(FX)で低レバレッジ(1-2倍) のスワップ投資で「年率5-10%をねらうとき、長期保有を前提にします。

その間にスワップ金利差で利子所得を得る方法です。

日本円とのスワップ金利差は、米ドル、ポンドで、年約4.5%、オーストラリアで年約5%、ニュージーランドで年約6.5%ですから、1倍のレバレッジで預けても、年間、4-6.5%の金利差利子を受け取ることができます。

取引業者の手数料が各1万ドルあたり、取引業者によって違いますがだいたい往復で約3,000円ほどです。
但し、リスクがあることは頭に入れてください。為替は変動しますので、為替リスクはあります。
為替レートが購入したレートより下がり、危険水域(マージンコール、自動ロスカット)になった場合は、そこで降りてください。
損失は出ますが、最小に食い止めましょう。

まずは、購入の際、為替レートが過去と比較して低い値あたりであれば買います。ここで無理に買いに行ってはいけません。

かなり高値で推移している場合は、見送りましょう。

また、購入価格を下まわっている場合は、保有していれば、損益は売らないとでませんので、購入価格を上回るまで、ずっと保有するということもできます。
この場合、追加で資金を投入する必要も出てきます。購入価格に手数料をたした上あたりで、もし売った場合は、スワップ金利利子分の年利4-6.5%は利益がもらえます。レバレッジ2倍で同じ事を行えば、8%以上がねらえます。


FX投資の必勝法