信用取引のレバレッジ効果とは

FX投資の必勝法

信用取引の大きな特徴とは、少ない手持ち資金で3倍もの株取引をできるということです。

現物取引では利益も損失も1倍ですが信用取引ではレバレッジ(てこの原理)により1~3倍の取引が可能jとなります。

誰しも利益は多くを望んでしまうでしょう。
しかしレバレッジを最高に効かせてしまうと買建玉の株価が下がるか売建玉が上がってしまうと損失も3倍になってしまいます。
株価が予想外に動くことで損失が膨らんでしまうこともあります。

これをリスクヘッジするには建玉を小さく持つ(ポジション管理)こと、これが賢い投資です。

例えば、委託保証金150万円、委託保証金率30%の場合の信用建余力は500万円です。
余力の250万円を使い信用買いしたとき、委託保証金のうち75万円は買建玉の担保に充当されます。残りの委託保証金は75万円で信用建て余力は250万円となります。

ここで株価が10%下がってしまうと25万円の含み損を抱えてしまいます。
この含み損25万円は信用建て余力の裏付けとなる委託保証金から引かれてしまいます。
結果、信用建て余力も80万円ほど減ってしまいます。
しかし、買建玉を150万円にしていればたとえ株価が10%下がっても含み損は15万円となり、委託保証金と信用建て余力も抑えて投資に余裕が持てます。
信用取引は上手に使うと大きな利益を生むことが可能です。
しかし、大きな損失となってしまうリスクもはらんでいます。
そのためポジション管理は余裕を持つことが大事です。
1注文の建て代金は少なく、レバレッジも抑えつつ、こまめに信用建て余力と収支の確認をしながらリスクヘッジして投資しましょう。

FX投資の必勝法