中国の人民元

FX投資の必勝法


中国の人民元は、1994年の外貨改革により市場の需要と供給よる為替制度を開始しました。
中国の中央銀行である中国人民銀行が1日の取引の平均レートを人民元の為替レートとして公表しています。
人民元は切りあがり1ドル=8.11になったのは2005年7月のことです。
しかし、中国の人民元は為替レートの変動があまりありません。
それは、中国が基本的に資本取引を規制し、海外からの資本の流入には積極的ですが、海外への資本流出は規制しています。

このことにより、中国は、資本収支、貿易、経常の黒字となっています。
また、資本の流入等により、外貨が増加し、主に米ドルですが、市場でドル売り、人民元買いをしますが、中国政府が人民元売り、ドル買いの市場介入を行ない、人民元の為替レートを維持しています。

これらの政策により、年々、外貨準備高が増加しています。
この外貨準備高の運用は、日本と同じように米国債を中心に行なっていますが、それ以外に国有の銀行に資本を注入したり、ユーロ通貨を購入したりしています。
中国は、現在でも為替管理をしているため、通常の先物市場はありません。
人民元の受け渡しがまだ、自由にできません。
そこで、非移住者が海外で人民元の先物取引をする場合、NDFの市場で外貨の差額を決済する方法で行われています。

FX投資の必勝法