ユーロ

FX投資の必勝法

ユーロは、米国についで取引がなされている通貨です。

そのユーロの加盟国は現在のところ25カ国です。
ヨーロッパ諸国は、統一通貨を目指し、通貨の安定させる仕組みを構築し、1991年のマーストリヒト条約により、具体的な条件や日程が決定されました。

1999年にユーロ決定時の11カ国(イギリス、スウェーデン、ギリシャ、デンマークを除く)が参加し、
2000年には、ギリシャが参加しました。

ユーロ決定時(1995年)の加盟国(15カ国)ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、
オランダ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、ルクセンブルグ、ファインランド、スウェーデン、アイルランド、ギリシャ
2004年に新たに加盟した国(10カ国)ポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキア、リトアニア、ラトビア、エストニア、スロベニア、キプロス、マルタ

このようにヨーロッパの多数の国が参加していますが、ユーロに参加するためには、
以下の条件が必要になります。

*財政赤字:GDPの3%以内であること
*累積債務残高:GDPの60%以内
*インフレ率:ユーロ圏の最も低い3カ国の平均より1.5%以内
*長期金利:最低3カ国の平均から2%以内
*ERM2:現行の通貨を2年間、ユーロに対して15%以内の変動幅以内に抑えること。

ユーロでの市場介入の決定は、中央銀行であるECB(欧州中央銀行)が担当しています。

FX投資の必勝法