紛争時のときなどに強い通貨

FX投資の必勝法

戦争や紛争の勃発で、世界や地域が危機的な状況に陥ったときに一時的に資金を安全なところに移したり、安全なものに変えたりします。

その代表となる通貨がスイスフランです。
スイスフランのように戦争や紛争が起きた場合、その時買われる通貨を避難通貨といいます。
スイスは永世中立国で、守秘義務が徹底しており、歴史的に安全な通貨として市場に認識されています。
世界通貨であるので、通貨の流動性もあります。
現在、ヨーロッパがユーロ通貨の誕生でスイスフランの地位が危ぶまれたが、
避難通貨として保持されています。
ドルも以前は危機的な状況、有事のときは買われたのですが、
今では、その信用もうすれ、逆に湾岸戦争や2001年の同時多発テロのときは、
ドルは売られてしまいました。
これと同じように売られる通貨は危機的な状況に陥った国の通貨やその周辺諸国にも影響を与えます。
アジア地域に危機的な状況が発生すれば日本円も売られるようになると思います。
その後、この危機的な状況が改善されてくると、通貨は、より収益をもたらす通貨に戻っていきます。
つまり避難通貨の買い持ちのポジションは急速に解消されます。

FX投資の必勝法