為替レート

FX投資の必勝法

為替レート(外国為相場)は、通貨を他の
通貨に替える際に必ず決定されます。
貿易や資本移動など国境を越える取引において外国為替は必要であり、
為替レートはその外国為替の交換率を意味します。

為替レートはその制度いかんに関わらず経済情勢の変化によって変動します。

ここに通貨AとBがあるとします。
このある通貨Aに対して、通貨Bの価値が増大した場合、BはAに対して増価したといい、
AはBに対して減価したといいます。

中央銀行などの介入や固定相場レートの変更などで、為替相場の水準が人為的に変更された場合は、自通貨が増価した場合を切り上げ、減価した場合を切り下げと呼びます。

ニュースで取り上げられる為替相場は、銀行の為替ディーラーが100万ドル単位の外貨を1銭刻みで取引しています。

よくニュースなどで「米ドル/円 116.40-45」という表示を見たことがあると思います。

「米ドル/円 116.40-45」は現在1ドルを116円40銭でドルを買いたい人がいることをあらわし、1ドルを116円45銭でドルを売りたい人がいるという気配をあらわしています。

FX投資の必勝法