日銀短観

FX投資の必勝法

日銀短観は正式には「全国企業短期経済観測調査」と呼ばれ、、景気動向を把握するために、
全国約1万社の企業を対象に、3か月に1度実施される統計調査のことです。

調査は毎年、3・6・9・12月に実施し、翌月の4・7・10・12月に公表されてます。
調査の内容は、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているか、
売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる
項目などについて調査をしています。

この日銀短観は、日本銀行が金融政策を行うにあたって重要な判断材料として利用されるほか、
景気の現状や先行きを見ていく上での代表的な統計の一つとしてりようされます。
日銀短観は、景況感が前期より「良い」か「悪い」か「横這い」かのアンケート調査を行い、
「良い」と答えた割合から「悪い」と答えた割合を引いた値です。

つまり、プラスの数字が大きければ大きいほど、企業が経営状況が好転していると認識していることを意味し、直感的にわかりやすい景気のバロメーターとして重宝がられています。

企業の経済動向に対する見方を問う「判断項目」、定量的な「計数項目」を
あわせて調査しているのが特徴です。
また、これらのデータについて、「最近の判断」・「実績値」に加え、
「先行きの判断」・「予測値」を調査している点も大きな特徴です。
さらに、調査の歴史が長く、同一の調査項目について長期にわたるデータが
蓄積されている点も利用上のメリットと言えるでしょう。

FX投資の必勝法