国際分散投資について

FX投資の必勝法

現物株や投資信託などの金融商品の価格変動リスクをコントロールするためには、
「長期投資」「分散投資」をいつも頭に入れておく必要があります。
そして、「国際分散投資」を心がけることが重要な要素になってきます。

分散投資するならたとえば、投資信託で資産運用するなら「国内株式型ファンド」だけでなく
「国際株式型ファンド」も資産運用のポートフォリオに加えるべきです。

国際株式型ファンドには、国やエリアを決めて運用を行うファンドもあれば、
日本・アメリカ・アジア・ヨーロッパなどの株式市場に広く分散投資するファンドもあります。

国際分散投資をする場合も、「長期保有」を心がける必要があります。
長期投資を行う場合、長期的に成長が期待できる国や地域を選択する必要があります。

中国、インド、ブラジル、ロシアのBRICs4ヶ国、なかでも中国と急成長のIT大国インドが注目されています。
「BRICs」の造語を作ったのは、アメリカの投資会社ゴールドマン・サックスですが、
インドは今後15年間に渡り年率5%以上の成長を続け、15年後にはGDPの世界シェアが現在の2%から16%に増加30年後にはGDPのトップ3がアメリカ、中国、インドの3カ国になると予想しています。

FX投資の必勝法