経済統計の読み方

FX投資の必勝法

為替の動く要因として経済統計は、切っても切れないものです。
経済統計とは、定期的に各国の政府が発表する重要な統計のことです。
その中でも特に注目されている米国の経済統計は、世界の為替市場にとって大きな影響力があります。

米国の経済統計で、特に注目される統計とはなんでしょうか。
特に注目される統計は、雇用統計、経常収支、貿易収支、GDP、小売売上高、鉱工業生産、消費者物価指数、住宅着工件数等々があります。
日本でも同じような統計と日銀短観などが注目されます。
こうした統計については、金融機関や情報サービス機関などが今後の政府から発表される統計について予想を出してきます。
この予想値と実際、政府から発表された実際の統計数字を比較することによって金融市場や為替市場が動きます。
この予想値と実際の値の差が大きいほど市場は変動するのです。
その理由は、市場は将来の動きを予測しながらたえず動いているためです。
実際の数字が予想値と同じようであれば、「折込済み」として為替市場は動きません。
ですので、経済統計をみて、政府は金融政策をしていきます。
具体的には金利の上げ下げです。インフレ、物価、貿易赤字、景気、不景気等の状況を分析することで、金利の上げ下げの政策をしていきます。これが各国の為替レートに反映していきます。
毎月発表される経済統計を新聞等で発表していますので、このあたりを読むことで今後の為替動向を読むことができるようになります。

FX投資の必勝法