バリアオプション戦略とは

FX投資の必勝法

バリアオプションとは、特定の条件を前もって決めておき、その条件のレベルになると発生したり、逆に消滅したりするオプションのことです。

このような条件をつけておくことで、オプションの条件がより狭まり、通常のオプションと比較してプレミアムが安くなるというものです。

<ノックアウト・オプション>
ノックアウト・オプションとは、満期日までに為替レートがあらかじめ条件として設定していた価格に到達するとオプションが消滅するオプションのことです。

オプションが消滅するレートをノックアウト・プライスといいます。
輸出企業の場合、ドルプット(ドル売り)円コール(円買い)を行使価格95円で100万ドル買います。
オプションの消滅する価格(ノックアウト・プライス)を90円。
プレミアムを1.00とします。満期日に直物レートが1ドル=95円以上であれば市場のレートで100万ドル売ります。
95円以下の場合、オプションを行使して95円で100万ドルを売ります。
しかしながら、満期日までに直物レートが1ドル=90円になるとこのオプションは消滅してしまいます。
リスクのヘッジにはならなくなります。

<ノックイン・オプション>
ノックイン・オプションとは、満期日までに為替レートがあらかじめ条件として設定していた価格に到達するとオプションが発生するオプションのことをいいます。

オプションが発生するレートをノックイン・プライスといいます。
例を挙げると、直物レートが1ドル=100円の時に、ドルコール(ドル買い)円プット(円売り)を行使価格105円で100万ドル買います。
但し、このオプションの発生する価格(ノックイン・プライス)を102円。プレミアムを1.00とします。
満期日に直物レートが1ドル=102円になった時に、このオプションは発生します。
できるだけ早く発生すればオプションには時間的な価値が残っています。オプション発生後はそのオプションを売るか、満期日にオプションを行使してドルの買い持ちにするかになります。

FX投資の必勝法