株式投資と預貯金とリスク

FX投資の必勝法

株式投資でも預貯金の場合でも、リスクを考えなければならない時代となりました。
リスクが大きいと考えられている株式投資に対して、リスクが小さいと考えられている預貯金。

しかし、リスクの大小があるにしても、リスクにに対する根本的な考え方は変わりません。
それは、個々人が自分で考えて、選択するということです。

リスクがそれほど高くないと思われる預金の場合でもリスクを考えなくてはならないとなりません。
それではどのようなリスクが考えられるかというと
「どの銀行にするか?」が最も大きいものではないかと思います。
自分の好みで決めるのも良いですが、もし、真剣に考えるとすれば結構大変ではないでしょうか。
その銀行の経営状態、利率、手数料の比較、店舗数などの利便性、商品のラインナップなど、かなり調査する必要があります。

最近では、預貯金だけでなく、MMFや各種投資信託など、さまざまな金融商品が銀行で用意されています。
そして、どの銀行を選ぶか?は、当然ですが自分で考えなくてはなりません。

株式投資については預金の場合以上に、自分で考えて、自分で選択するということが大切です。
そのためには、どんなリスクがあって、それを分析し、どんな商品、金融機関を選択するかは、自分で決めなくてはなりません。

お金の運用は、ある意味、自身の哲学をもって、運用していくことが大切です。
もっとも、避けたいのは、このような運用に対する意識を変えないまま今までどおり、お金を運用するということです。

何の考えの無いまま、銀行に預けるということです。
実は、このような考え方をしていると、思わぬ破綻に巻き込まれたり損失を出したりしてしまう「リスク」があるのです。
一度、きちんとした知識を身につけ運用に関して考えれば、株式投資も決して怖いものではないということがわかるでしょうし、むしろ、お金の運用を全く行わないことが、怖いものであるということがわかるでしょう。

FX投資の必勝法