FX(外国為替証拠金取引)で資産を形成

FX投資の必勝法

FX(外国為替証拠金取引)は資産を形成する上で有効な投資方法のひとつです。

1990年代後半から、日本の金利が低くなり、海外の高い金利を求めて外貨預金が流行りました。
2000年以降はさらに進んで、外国為替証拠金取引の人気が高くなっていることがそれを裏付けています。

なぜ、FXの人気が高くなったのかというと、銀行の外貨預金って為替の交換手数料が高いんです。

外貨預金では、1$につき1円取られます。往復で2円です。
ネットバンクでも外貨預金の為替手数料は片道50銭のところが多いです。
証券会社で扱っている外貨MMFの場合、手数料は外貨定期の半分、1$につき25銭から50銭です。

しかも外貨定期と違って好きなタイミングで解約できて、利率はそこそこいいのです。
さらに、FX(外国為替証拠金取引)になると、手数料が1$あたり10銭とか20銭とか遥かに安く、
会社によっては無料のところもあります。
また、外貨買いだけではなく、売りも出来るという点です。
ただし、レバレッジが効くので為替変動リスクが大きくなります。

このようにFX(外国為替証拠金取引)は、外貨預金に比べても資産形成においてかなり有効であることが分かります。

FX投資の必勝法