信用買いと現物買いを比較

FX投資の必勝法

信用買いと現物買いをどっちのスタンスで投資をするか考えた場合、資金やタイミング等いろいろ考慮すべきことがあります。

まず、信用取引は短期投資向きで、中長期でじっくり優良株を保有する場合は、現物買いで投資が良いでしょう。

信用買いと現物買いをメリットで比較すると、信用買いは手持ちの資金以上の大きな取引が可能ですが、デメリットでは金利コストがかかることと、現引きしないと株式を自分のものにならないということです。

また、信用買いはいずれ返済しなければなりません。
現物買いのメリットは金利などの保有コストが掛からず、株式を自分のものとしていつまでも保有でき、企業によっては配当金や株主優待などの権利がもらえます。

またデメリットは手持ち資金の範囲でしか投資が出来ません。
もし、好業績な割安株が見つかり、手持ち資金が足りなくて現物買い出来ないとします。
こういう時にはひとまず信用買いして、余裕資金を増やしながら少しずつ現引きしていき現物株として中長期で保有するという投資方法があります。
この投資スタンスに向く銘柄は特に業績が好調な企業、将来成長が大きく期待できる企業、高配当実績を積んでいる企業や安定成長が期待できる大型株が信用買いから現物買いに代えて行くと良いでしょう.

FX投資の必勝法