日経225オプション取引とは

FX投資の必勝法

日経225オプション取引と株式投資との違いについて解説しましょう。
日経225オプションと株式投資とは、根本的に違います。

株式投資は、買おうと考えている銘柄、企業の現在の価値と実際の株価との間の関係を分析して、現在の株価の価値が安いとか、今後、価値が上昇するとかを予測して、投資を行い、価格が上昇した時点で売却して利益を上げます。
そのため、銘柄情報を調べ、過去の成長率、配当利回り、PER、利益率等々の財務に関する情報を基に中長期的な展望に沿って銘柄を選び投資をするというのがスタイルです。

対して日経225オプション取引は、価格の変動を捉えて、安いときに買って、価格が値上がりしたときに売却します。
逆に高いときに売って(カラ売り)、安くなった時点で買い戻すことによっても利益を得ます。
つまり、価格の上昇・下降を利用して儲けるスタイルです。
銘柄を保有するという考え方ではありません。
日経225オプション取引は、上場企業の全体の業績、PER、日本経済の状況、テクニカル分析の情報等を基に判断をして売買を行ないます。

日経225オプション取引は、通常の株式投資とは手法が異なるため、日経225オプションの為の投資方法を見つける必要があるということでしょう。
その意味では、日経225オプション取引は、「投資をする」というより「トレードをする」と言った方が近いのでしょう。

FX投資の必勝法