郵便局投資信託販売

FX投資の必勝法

これまで証券会社や銀行、信託銀行などで販売されていた投資信託が郵便局でも販売されるようになりました。
郵便局が、民営化に合わせて金融サービスの充実を図るために始めた取り組みの一環です。 
投資信託といった言葉を耳にする機会が増え、どのようなものなのか、興味を持っている人も多いと思いのではないでしょうか。
新聞の広告などでも目にするのですが、その内容を理解するのはなかなか難しいと思います。
投資信託にはいろいろな種類がありますが、基本的な仕組みは次のようなものです。

まず、郵便局や銀行、証券会社などで販売されている投資信託を購入することで、信託会社(信託運用会社)にお金を預けます。
信託会社は、預かったお金を、株式や債券、外国為替や商品、不動産など、様々な金融商品を組みあせて運用します。

運用によって利益が出た場合、その利益は配当といった形で分配されることがあります。
配当をしていないタイプの投資信託では解約の申し込みをするまで再投資を続けるものもあります。
こうして、信託会社にお金を預けて増やしてもらう、というのが投資信託の大まかな仕組みとなります。

大まかな仕組みはそう難しくはないのですが、実際に広告などを見てみると難しく感じるのは、販売している会社によって色々な条件が付いているために、預けたお金がどのような運用をされるのかが分かりにくくなるためです。
しかし、基本的な仕組みは同じなので、説明をきちんと読めば理解できるものです。
 このような投資信託を郵便局が販売するようになったことは、投資信託に興味を持っている人にとっては朗報です。
郵便局は銀行や証券会社に比べ窓口の数が多く、また利用者の数も多いです。
また、普段から行き慣れている郵便局であれば、窓口で気軽に投資信託について話を聞くこともできます。 
今後、販売される投資信託の種類は増えていくことが考えられ、ますます身近な商品になることが予測されますが、地域に根ざした郵便局でも販売されているのであれば、まずはそこで相談してみるというのが良いかもしれません。

FX投資の必勝法