株主配当で儲ける

FX投資の必勝法

株で儲ける方法で最初に思いつくのは、値幅をとる方法ではないでしょうか。
すなわち、安く買って、高く売るという方法です。
しかし、株式投資では、それ以外の方法で儲けることもできます。

その一つが、投資している会社から、株主配当を得るという方法です。
株主配当を得るために買う株を選ぶポイントは、
「値段の動きがあまり激しくなく、落ち着いていること」
「配当が高いこと」
があげられます。
たとえば、電力会社などは、値段の動きが落ち着いており、配当も、各社50円~60円程度あります。配当が50円だった場合、どのぐらいの金額を投資家が受け取れるか考えてみましょう。

まず、確認しなければいけないのが税金です。
配当は、源泉徴収税20%が引かれるます。

電力会社の株は、100株単位の購入となるため50円×100株×80%=4000円となります。
配当が、50円~60円とすると、株価が安い電力株を選んだ方が年間利回りは大きくなります。

各種電力会社の中で、現在、安いものは、中国電力で、2700円程度です。
100株買うと、27万円となります。
配当額が4000円とすると、配当による利回りは、約1.5%。リスクが全くないわけではないので、これを高いとみるのか、安いと見るのかは難しいところですが、電力会社は、安定株の一つですのでほぼ元本が保障されていると考えて良い株です。
このように考えれば、元本を保証している金融商品を買うのも「あり」ですが、利回りを考えて、安定株を買うというのも「あり」だと考えます。

ただ、配当を目的で銘柄を選ぶにしてもチャートを確認して買わなければいけないことはいうまでもありません。

FX投資の必勝法