あるサラリーマンの株式投資

FX投資の必勝法

オンライン取引について、ここでは、ある極一般的なサラリーマンの株式投資の実態の一部を紹介いたします。
彼は、最近パソコンを使って、株式投資を始めました。
しかし、彼は株式投資については、全くの素人です。
また、お金に余裕があることもないので、資産家というわけではありません。
そんな彼が目をつけ選んだのは、ミニ株を中心とした投資です。

決して早くはない帰宅ですが、帰ってくるとパソコンを開き、日経の株式のサイトをチェック
http://markets.nikkei.co.jp/

株に関するニュースをチェックし、気になる株式銘柄を登録します。
彼は株式投資をする上で、基本的なルールを決めて、それにしたがって投資をしています。
彼が購入する銘柄は、気になっている株式銘柄で割安と判断したもの、つまりこれから値上がりするであろうと予想したもの。
どんなに優良企業であっても割高だと判断すると購入せず、割安になるまで待ちます。
彼は毎日それを分析して、「買い」と思ったものについては、買い注文を出します。
そして、持っている株しい銘柄が、利益を出していて、申し少しあがるかな?
とおもったものについて、欲を出さずに売るようにしています。

注文は、全て、会社から帰ってきた後に実施。
就寝までのわずかな時間を利用して投資活動を行っています。
ミニ株は、注文した翌営業日の寄り付き(その日の最初の株価)で処理がされており、注文の株取引取引とは異なります。
これを嫌がる方もいらっしゃいますが、彼にとってはこの方がむしろ好都合なのです。
「昼間は仕事をしているし、かえって落ち着いて検討できる。寄り付きで株を買うものとして、自分の投資ライフを確立すれば、それなりに戦略を練ることもできる」と考えているようです。

FX投資の必勝法