信用取引に向かない取引

FX投資の必勝法

信用取引に向かない取引と言うものがあります。
たとえば、現物株で行われる投資手法でナンピン買いという方法があります。
ナンピンとは、保有している株が思惑と違い相場が下落基調になり、いずれ上昇するだろうという思いから株価が下がっても追加買いをして平均購入単価を下げていき、その後株価が持ち直し上昇すれば大きな利益を得ると言う投資手法です。

しかし、この方法は信用取引には向きません。
現物株では株価が上昇し購入金額を上回るまで持ち続けていれば利益が出ます。
ですが短期勝負の信用買いでは返済期限までに株価が上昇する保証はありません。
そして特に避けたいことが2階建て取引でナンピン買いすることです。

「2階建て取引」とは、委託保証金に充当している代用有価証券と同じ銘柄を買建て玉で持つ投資方法です。
株価の上昇局面では代用有価証券の値も上がり、建て玉も利益が膨らみ2重においしいです。
建て玉を現引きしてさらに委託保証金に当てて、今より大きな建て玉をもつことを考える人も多いことでしょう。
株価が一本調子で上昇していけば短期で効率よく利益獲得ができるという期待はありますが、
逆に株価が下落していってしまうと委託保証金が不足し追証を差し入れなければなりません。

すばやく決済し対処すれば良いが、下落相場に転じた場合2階建て取引の含み益は急速に減り、雪だるま式に含み損を抱えてしまいます。
信用取引するときは上昇相場から下落相場へ、また下落相場から上昇相場への転換点を見極め手すばやく決済していくことが大事です。
初心者は特に注意が必要です。

FX投資の必勝法