オンライントレード 入門

FX投資の必勝法

今や、オンライントレードは大変人気があります。
今回は、オンライントレードをするための入門的な内容を書いてみます。

口座を開設

株を運用するわけですから、まず資金をどこかの会社に預けなければいけません。 つまり、口座を開設するわけです。 基本的に株式投資は、口座を開設して、そこにお金を振り込み、その金額内で株を売買するわけです。 当然、株を購入すれば口座のお金が減り、株を売れば口座のお金が増えます。

ですから、金額も余裕のある分だけ振り込んでおけばいいので、それ以上の損はしません。
基本的に、口座に入れている金額以上の損はしません。
つまり、リスクの大小を自分で決められるというわけです。
これが、オンライントレード(ネット株)人気上昇の隠れた理由であるといえます。
さて、オンライントレードを始める為に、最初にするのが「口座開設」です。
オンライントレードの入門者にとって、証券会社に口座を持つことがスタートになります。

口座を開設する為に必要な物は、各社で若干の違いがありますが、大体は以下の物が必要になってきます。
●お金
●本人確認の為の免許証等
●住所特に注意が必要なのは住所です。
偽りの住所はご法度です。ここにいろいろな書類が送られてきますし、所在がはっきりしない人は口座開設を断られる場合もあります。
株を購入した場合の特典商品が送られてくる事もありますので、住所を偽装する等は絶対に避けましょう。

FX投資の必勝法