J-REITとは

FX投資の必勝法

J-REITとは、日本版不動産投資信託のことで、Real Estate Investment Trustの略称で、不動産投資信託のことをいいます。

これは、多数の投資家の資金を集めて、オフィスビル、商業施設、住宅などの様々な形態の不動産を 取得、管理、運用することを目的とする信託なのです。

これは、主に米国で発達しています。
J-REIT(投資法人)のしくみは、投資家から集めた資金を元に、複数の不動産を購入します。
その不動産で得られる賃料収入等を元に、投資家は法人税が課税される前の利益のほぼ100%を配当されるという商品です。

投資家には投資証券等(=株券)が発行され、東証不 動産投信市場で株式と同じように売買が可能です。
つまり、投資家から集めた資金等で不動産を保有し、そこから生じる賃料や売却益が投資家に配当される商品です。
投資家には投資証 券等(=株券)が発行され、「株」と同じように4桁の証券コードが割り当てられていて、東証で売買が可能です(指値注文も成 行注文もできます)。

リートは、多数の投資家の資金を 集め、オフィスビルやショッピング・モール、倉庫、住宅といった、さまざまな種類の不動産を複数取得し、管理、運用します 。
「投資信託及び投資法人に関する法律」が2000年11月に改正されたことにより、投資商品として2001年9月に登場した比較的新 しい投資商品で、低金利の現在でも高い分配利回り(株式における配当利回りに相当)を期待できる商品として注目を集めています。

FX投資の必勝法