住宅ローンの比較

FX投資の必勝法

住宅の購入は殆どの人にとって一生に一度の高価な買い物です。
失敗しない為にも十分に検討して満足の行く住宅を購入する必要があります。
しかし、高価であるがゆえに悩むのが住宅の価格ではないでしょうか。
安すぎても後で後悔するかもしれませんし、高い物件を購入しても返済に追われる生活をしたくありません。
以前は住宅ローンといえば住宅金融公庫が定番で住宅の30%が融資を受けていた時代もありましたが、平成18年度末で廃止され独立法人化しました。
最近では住宅金融公庫と比較し、低金利の住宅ローンを扱う会社が増えため、住宅金融公庫離れが進んだことが独立行政法人となったといった背景にあります。

そのようなわけで、現在では住宅ローンの種類は膨大にあります。
比較的低金利のローンも存在し、住宅ローンをどうやって比較し、選んだらよいのか困ってしまいます。一番の比較材料は住宅ローンの金利でしょう。
わずかな金利の違いでも返済額と返済期間を考えると安い方にこしたことはありません。

しかし、実際は様々な会社を比較してみても、多少の違いがあったにせよ数が多すぎて、結局のところ不動産屋に勧められるがままの住宅ローンを選んでしまうのが現状のようです。
また、同じ住宅ローンを比較しても金利方法に固定金利と変動金利があります。
低金利時代であれば固定金利を選んでおけば返済まで同一の金利で返済することが出来ます。
一方、更に低金利が進む事を期待するならば変動金利が良いですが、逆に金利が上昇するとそれに合わせて金利も上昇してしまいます。
どの住宅ローンを受けるのか、どの金利を選ぶのか十分に比較検討した上で決めることが大切です。

FX投資の必勝法