信用取引の実践

FX投資の必勝法

相場変動によるリスク回避

   信用取引で株式投資をする際に、相場変動で大きな損失を出さないためには複数の銘柄に投資する分散投資を行います。 ただ、複数の同じような銘柄に投資するのではなく、異なる動きが予想される2銘柄に分散投資をしてみます。 例えば、同業種銘柄でしたら業績好調の銘柄を信用売りし、業績不調の銘柄を信用買いする。 大型株を信用売りし小型株は信用買いする。 吸収合併する企業株を存続する銘柄を信用売りし(信用買いし)、吸収される銘柄を信用買い(信用売り)します。 またロング/ショートと言う投資手法で割高な銘柄を信用売りし、割安な銘柄を信用買いするという方法がヘッジファンドによく利用されています。 どちらの銘柄も予想通りに動けば最高ですが、どちらかの銘柄が予想に反してももう一方が損失を穴埋めする可能性があります。 

ふみ上げ相場 

 
ある銘柄に信用売り残が急に増えて信用倍率が1倍を割り込み大きな逆日歩が発生したときは買い圧力が相当に強まります。
そこに何らかの好材料が出た場合株価上昇に弾みがつき、信用売りしていた投資家たちが損失拡大を恐れ、買戻しを始めることでさらに株価が上昇して行きます。
そうなると更に買戻しが増えて株価が上昇する。これが踏み上げ相場と言います。
新規に信用買いする人にはねがってもない投資チャンスですが、信用売りしていた人にはできるだけ早い損切りしないといけません。

FX投資の必勝法