信用取引の実践 持ち合い相場

FX投資の必勝法

・持ち合い相場のとき

相場が大きく上がりも下がりもしないで株価が一定の値幅で動いているときは、投資の判断するに当たりこの先いつごろ上がるのか下がるのか読めません。
一見初心者には注文を出しにくく、ちょっと困ってしまうかもしれません。
こんなとき信用取引するにはこの一定の値幅の中で押し目と戻りを上手く利用して利益を出す方法がよいでしょう。
まず、レンジの上値に信用売り注文を出して、下値に届いたら買戻して決済する。
これを何度も繰り返します。
逆に、レンジの下値では新規信用買い注文を出して上値で決済する方法も可能です。
いずれにしてもよくチャートを見て研究し、押し目や戻りの判断を的確に捉えることがポイントです。

もし、予想に反した動きをして、持ち合い相場から外れて損失が出てしまいそうな時には早めに手仕舞いすることが大事です。

・現物株の下落リスクヘッジ  
もし中長期で保有を考え購入した株が一時、下がってしまったときには損切りするより「つなぎ売り」という方法が損失をヘッジするのに有効です。
市場に影響を出すような暗いニュースが流れたときには日経平均の暴落とともに大型成長株までも下がってしまいます。
こういう株はいずれ株価も戻り上昇していくでしょう、そこで現在の株価で信用売りして下がりが落ち着くのを見計らい買戻しをします。
現物保有している株の損失を信用売りの差益で相殺することができ市況悪化による損失拡大を防ぐことができます。
そしてポイントはつなぎ売りは大きなポジションを取らず追証を避けることが大事です。

FX投資の必勝法