新興市場の通貨とは

FX投資の必勝法

新興市場(エマージングマーケット)とは、高い経済成長力をしている国や発展途上国の市場のことをいいます。
これは主に東アジア、東南アジア、中南米の諸国です。
これらの国々がエマージングマーケット通貨です。
1990年代に入って、欧米からの投資が増えました。ヘッジファンドも巨額の資金をつぎ込みました。
これらの市場への期待は高く、直接投資や株式投資が行なわれました。
しかし、外貨の急激な流入から流出へ逆流し、これが、これらの諸外国の通貨の価値を下落させ、外貨準備の減少を招きました。
この問題を解決するため、IMF(国際通貨基金)などの力をかりて、外貨融資を受けたり、通貨の切り下げや通貨制度の変更をしたりなどの対策を施したが、国によっては、危機的な状況に陥る国もありました。
これからわかるように、エマージングマーケット通貨は、高い経済成長により、多くの利益を期待できる半面、市場の流動性があまりなく、国の通貨制度への管理を余儀なくされ、場合によっては、大きな損失を被ることもあります。
まさにハイリスク・ハイリターンの通貨なのです。

FX投資の必勝法