オプション価格の決定のしくみ

FX投資の必勝法

オプション価格(プレミアム)の決定は、本質的な価値と時間的な価値の変数によって決定されます。

1)本質的な価値:本質的な価値とは、行使価格と市場価格の差です。
これはあらかじめ決定されている行使価格と市場レート(直物レート)の差です。

例えば、ドル買いの場合(ドルコール円プット)、行使価格が1ドル=100円で、市場価格が1ドル=110円の場合、10円の本質的な価値があります。
逆に行使価格より、市場価格が低い場合、例えば、市場価格が1ドル=95円であった場合、行使すると損になりますので、行使をしません。
この場合、本質的な価値はゼロということになります。

2)時間的な価値:時間的な価値とは、満期日に市場価格より有利に動くかもしれないという期待値です。
先の例で説明すると、将来、行使価格1ドル=100円以上の円安が期待(ドル高円安)されれば、このオプションに価格があります。
この時間的な価値を決めるのは、満期日までの期間、金利、為替レート変動率(ポラティリティー)です。特に為替レート変動率は、もっとも重要です。
為替レートの変動する割合が高い場合、オプションの価値が上がります。
この為替レート変動率には2つの種類があります。

※ヒストリカル・ポラティリティー:過去の為替レートの動きを統計的に分析した変動率です。
※インプライド・ポラティリティー:市場で取引されるオプションをもとに予測する変動率です。

また、満期日の期間も重要となってきます。
この期間が長くなれば、為替レートの変動する可能性は高くなりますのでオプションの価格は高くなります。
その反対に満期日に近づくと時間的な価値は減っていき、満期日はゼロになります。つまり満期日のオプションの価値は本質的な価値のみになります。
以上のようにオプション価格(プレミアム)の計算には、直物レート、行使価格、満期日までの期間、金利、為替レート変動率が必要になります。
これらおの変数がオプション価格を決定します。

FX投資の必勝法