リートのリスクとは

FX投資の必勝法

リートのリスクについて考えてみると、まず市場で取引されるため価格変動リスクがあります。
そのため配当金が得られても購入価格より売却価格が低いと損が出る可能性があります。

そのため自分の運用スタイルを考え投資されることを勧めします。
不動産賃貸市場の金利環境等、様々な経済情勢等の影響を受けて、不動産投信の価格が下落したり、分配金が減少する可能性があります。

リートは、元金保証の金融商品ではありません。
個別の不動産において劣化や老朽化また自然災害、地震、火災などによる費用増加、法制度や税制の変化等によっても影響を受 けたり、投資法人の倒産などにより損失を被る可能性があることを考えておかなければなりません。 
また、売買には手数料等がかかり、売却の際に譲渡益がある場合及び分配金を受取る場合には税金がかかります。

取引所 が定める上場廃止基準に該当する場合、上場廃止になることがあります。
投資商品である以上、当然リスクがあります。
国債がローリスク、株式投資がハイリスクとすると、不動産投資信託(リート) はミドルリスクと言われています。
不動産投資信託は、株式市場と比較した場合、証券取引所に上場している銘柄数は少なく、 上場銘柄全体の時価総額も小さいことから、市場価格が大幅に下落する可能性や、売買注文が約定できない可能性(流動性のリスク)があります。

FX投資の必勝法