不動産投資 リート特徴

FX投資の必勝法

不動産投資でリスクを考えた場合、アパート・マンション等の空き部屋の比率についてやはり空室リスクであると思います。
しかし、不動産投資信 託(リート)の場合、オフィスビル・ショッピングセンター・ホテル等までが投資対象で空室などについては大数の法則により ある一定の割合に収束します。

つまり、自分でビルを建てて賃貸に出すよりも安定的な収益を見込むことができます。 
不動産投資の場合、数千万~数億という資金が必要になり、一般の投資家の場合、銀行から借金するなどの必要がありますが 、不動産投資信託(リート)の場合数十万程度の投資資金から始める事ができるのが利点です。 
一般的に債券などの場合、インフレになった場合、その価値は相対的に目減りする事になりますが、不動産投資信託(リート )の場合、原資が不動産ですので影響は少なくなります。
そもそも、不動産はインフレに非常に強い抵抗力を持っています。
そ のため、リート(REIT)はインフレ対策として非常に有用な金融商品の一つです。

不動産投資信託(リート)は不動産の専門家が複数の物件に投資して運用されリスクが少なく比較的安定した配当が期待できる予想利回りとして低金利の現在でも3~6%程度が見込まれており、比較的安定しています。
また、随時時価で売却も可能です。
不動産投資信託(リート)はテナントの賃貸収入が売上になります。
株式投資の場合、投資した会社の売上・利益等をチェックしなくてはなりません。
そういった会社の売上や利益は景気や消費動向によって大きく変化します。
ですが、賃貸収入(家賃)に関しては大きな変動がないため、大幅な下方修正がない堅実な業績予想が可能になります。

FX投資の必勝法