公社債投信と株式投信

FX投資の必勝法

投資信託は、集めた資金を主に有価証券で運用しています。
この有価証券とは、株式、債券(国債、社債など)、デリバティブ(金融派生商品)、短期金融商品(政府短期証券、CD、CPなど)です。

公社債投信とは、投資対象に株式を組み入れず、株式よりもリスクの低い公社債を中心に運用を行います。
代表的な商品は、MMF、中国ファンド、短期決算公社債投信などです。
株式投信は、主に株式で運用するので、元本割れのリスクがあります。
代表的な商品は、オープン投信などです。
株式投信と謳いながら、株式には一切投資せず、公社債だけで運用しているファンドもあります。

なぜそのようなことが起こるかというと、公社債投信だと、税法上、元本未満ではファンドの売買ができない規則になっているからです。
どのような価格水準でも自由に売買するには、株式投信にしておく必要があるからです。

FX投資の必勝法