キャッシングの審査

FX投資の必勝法

金融機関からお金を借りるキャッシングですが、当然ながら貸す方は慈善事業をしているわけではないので、貸す相手を吟味することになります。

よく聞く「審査に落ちた」だの「審査が甘い」だのの“審査”とは、キャッシング申込者がお金を貸すに値する人物かを見極めるものなのです。
具体的に審査でどこを見られるのかは金融機関によって違いがありますが、一言で言えば「借りた分を返してくれるか」ということです。

キャッシングなら担保・保証人不要の場合が多いので、この2つは審査対象になりません。
キャッシングでも銀行系は審査が厳しく、クレジット系では資力・性格・資産の「3C」が重要視されていると言われています。

消費者金融のキャッシングならまず審査に落ちることはありませんが、やはりNGとなるポイントはあるようです。
職業なら無職、暴力団関係、同業者など。
住所不定や電話が不通の場合は借り逃げの可能性があるので敬遠されます。
多重債務や他社からの借入金を返さないなどの理由でブラックリストに載っていると審査に通らない、という話は有名ですね。
また、審査で重要になる勤続年数、勤務先の規模、雇用形態は収入の安定度を測る目安となっています。
年収が単純に多いよりも月収が安定している方が審査は通りやすいのです。
たかがキャッシング、されどキャッシング。信用がなければ誰もお金を貸してくれません。
審査に落ちてしまったら、どうして落ちたのかを考えてみましょう。これまでの自分を振り返るいい機会かもしれませんよ。

FX投資の必勝法