インド投資信託の比較

FX投資の必勝法

近年、インド株で組成した投資信託が人気があります。
そのインド株の投資信託の人気化の背景には、いまやIT大国として、これから急速に発展していくインド経済に対する大きな期待感があるようです。

インドの労働力は安く、さらに英語が準公用語であることから、英米企業にとっては言葉の壁のない労働力市場となっています。
特に、インドには、コンピュータ関連など理系の優秀な人材が多量に存在します。
アメリカの企業だけでなく今では日本の企業が、インドの企業に仕事を依頼しています。

こうした状況を背景に、インドではIT産業が急成長し、経済全体を牽引し、国の整備もどんどん進められ、今もっとも発展している国なのです。
投資信託は、1万円という小額資金から投資できますが、複数の銘柄に分散投資することから、リスクの度合いは低くなります。

しかも、インド株ファンドの多くは償還期日が設けられておらず、強制償還にさえならなければ、いつまでも保有し続けることができます。
インド株ファンドは、短期間で大きく儲けるというような事は期待できませんが、分散投資効果によって、個別銘柄投資のリスクを軽減させることができるため、比較的安定した長期の資産形成に向いている投資手段です。
運用実績でファンドを選ぶに際しては、少なくとも3~5年程度の運用期間が必要になります。
どのファンドが優秀なのか判断する材料が無いのが現実です。
ですから、インド株ファンドを購入する場合は、各ファンドにどのような格差があるかを把握して下さい。
また、申し込み手数料、純資産残高を確認しましょう。
代表的なインド株の投資信託は、野村インド株投資 / 野村アセットマネジメント(運用資産約1,200億円の超ビッグ・ファンドです。

FX投資の必勝法