リフォームローンとは

FX投資の必勝法

そろそろリフォームしたいけど、家のローンは残っているし経済的に余裕がない。
そんな時、活用できるのがリフォームローンというものです。
これは、住宅ローンと同様に、大きな金額を分割して返済していくことができます。
一言でリフォームローンといっても、扱っている機関は様々で、大きく「公的融資」と「民間融資」の2つに分けることができます。
公的融資は「住宅金融公庫融資」「年金住宅融資」「財形住宅融資」の3種類があり、
他にも、各自治体が扱う自治体融資も公的融資の一種です。

一方、民間融資は「都市銀行」「信託銀行」「信用金庫・組合」などの民間金融機関で組めるローンをさします。
多くの機関で扱っているため、それぞれ融資額や条件等にも違いがあります。
一般的には「公的融資」の方が金利は安いとされていますが、「民間融資」でも金利の安いリフォームローンがあるので比較検討することをお勧めします。

中でも銀行でリフォームローンをする場合が多く、銀行リフォームローンには、自宅を担保として借り入れる「有担保型」と、担保無しで借り入れする「無担保型」があります。
銀行のリフォームローンを利用する理由として多いのが、家具やインテリアなどにも利用できるといった幅広い用途に加え、公的融資に比べると審査もスピーディーであるからということです。

また、住宅ローンと同じ銀行の融資を利用したり、その銀行を通じて公庫を利用した場合には、リフォームローン金利が優待されるなどのケースもあります。
ただ、住宅ローンの金利が平均して2~3%に対して、リフォームローンは4%~というのが一般的なのでその点を注意するようにしましょう。

FX投資の必勝法