家財保険とは

FX投資の必勝法

家財保険とは、入居者が入居中に小火や水漏れなどの事故を起こした場合、その原状回復するための費用を補償したり、盗難による家財や現金を補償したりする保険のことをいいます。

具体的には、火災、台風、盗難などの被害を受けた時に契約者に対して補償をする家財補償、日常生活で起こりうる偶然の事故の補償をする個人賠償補償、さらに火災、台風、盗難が原因で被害を受けたガラスなどの現状を回復する修理費用補償、大家さんに対して法律上の損害賠償を補償する借家人賠償責任補償などがあります。

特にこの中でも借家人賠償責任補償が重要で、一人暮らしの部屋が火事になったら火元であれ、もらい火であれ、原状回復は賃貸住宅の借り手の責任になってしまいます。
賃貸住宅でも安心して生活できるように、借家人賠償責任補償のついている家財保険に加入しましょう。
それから家財保険は、賃貸契約の際、アパートやマンション側が加入している保険に入るように義務付けられるはずです。
ただし、それぞれ保障の条件や保障金額の範囲が異なるので、契約の際にはきちんと内容を確認するようにしましょう。

FX投資の必勝法