医療保険の比較 終身医療保険と定期医療保険

FX投資の必勝法

医療保険を比較する際にまず確認しておくべき点は、医療保険は大きく分けると終身医療保険と定期医療保険の2つに分類する事ができるということです。

終身医療保険とは、一生涯の保障をする医療保険で、保険料は契約時のままです。
払い込みは一定期間で終了するものと、生涯にわたるものがあります。
また、払込期間途中より保険料が安くなるタイプもあります。当然、定期医療保険と比べると契約当初の保険料は高くなりますが、契約年齢や保険料払込期間によっては払込保険料総額が低くなることがあります。

「終身型は割高」というイメージがありましたが、死亡保険金や解約返戻金の設定金額を抑えたりなくすことで、一回の入院限度日数を短くしたりするなどの工夫により、保険料を割安にしたタイプも増えてきました。

定期医療保険とは、一定期間の保障をする保険です。保険料は更新の都度変更となります。
終身医療保険と比べると契約当初の保険料が割安となります。
期間満了ごとに保険会社の定める期間まで更新が可能です。更新の都度、更新時の年齢の保険料が適用されるので基本的に保険料が上がります。
最近では重点的に保障したい部分に対して、様々な特約、死亡保障特約、女性疾病特約、三大疾病特約などを付加することができます。
また、一定期間ごとにボーナスを受け取れるタイプもあります。




日本経済新聞掲載の保険比較サイト「保険モール」

FX投資の必勝法