地金相場

FX投資の必勝法

地金とは、金属を貯蔵しやすい形で固めたもので、インゴット、バーとも言われています。
俗には、金塊という言われ方をします。

この地金には、製造番号、業者マーク、品位、重量などが刻印されています。
なぜそのようなものがあるのかというと、これは保証書の意味もあります。

地金相場で、日本で売買されている金地金は純度99.99%の純金で、フォーナインと言われています。最近は、株式市場の低迷や、銀行の倒産があったりで、預貯金の安全性の不安の高まり、アメリカでの同時多発テロの影響などで、金地金相場への関心が高まっています。

地金相場に関わる場合、金地金の購入には通常、身分証明書などは不要ですが、売却する時には身分証明書が必要なことが多いようです。

わが国での金地金相場は、海外相場を元に当日の対ドル為替レートで円に換算され、さらに、1トロイオンスから1グラム当たりの価格に換算されます。

地金相場の動きだけでなく、地金の販売価格は、百貨店、貴金属店、ディーラー、それぞれによって異なります。
金地金相場に参入するのに、一番低価格のルートで購入しても、流通地金のために傷が付いている場合があります。
金地金相場での地金には、地金型コインもあります。
地金型コインには、鋳造コストなどのプレミアムがついているので、同重量の地金より少し高い価格が設定されています。
しかし、どちらが有利かは、購入金額や売り方によって異なります。
金を細かく分けて保管し、少量づつ売却することを考えるなら、コインで保管する方が良いということになります。

FX投資の必勝法