金相場チャートとは

FX投資の必勝法

金相場チャートとは、罫線表とも呼ばれ、金相場の価格推移を観測するために用いられる指標です。
横軸に時間、縦軸に価格または関数値をプロットし、横軸の期間のとり方によって、日足・週足・月足などに分けられます。

相場の変動を表す折れ線グラフであり、投資の経験のある方なら見たことがあるでしょう。
このチャートを見て金相場の行方を予測するのが、テクニカル分析です。

チャートは、単に金相場の動きを反映するだけでなく、投資家の心の動きも見ることができると言われます。
人によって見方は様々で、チャートにより確実に金相場の見通しが見えると言うわけではありません。
しかし、チャートによるテクニカル分析は、投資家にとっての一番基本的な活動指針であり、必要不可欠といっても良いものです。

この金相場のチャートは、国別に存在し、トロイオンス・グラムなどの重量ごと、各国通貨ごとに作成されています。
チャートは、価格の上下動に時間軸を加えたグラフですが、この中で、時間軸がポイントになります。
価格変動に時間軸を加えて考えると、チャートに対する理解度が高まります。

金本位制から変動為替相場制に移行してからは、金相場は不安定に推移することが多くなり、為替、その他の変動による影響も加味し、チャートによる金相場の分析は重要であり、多くの投資家はチャートによるテクニカル分析で行動しています。
チャートを見るには、最近では、チャートを解説した雑誌、書籍もありますし、インターネットでも、チャートの分析を行っているサイトがあるので、こうしたものを活用すると良いでしょう。

FX投資の必勝法