ミニ 株とは

FX投資の必勝法

ミニ株とは、取引対象の単元株の10分の1から取引ができる株式投資のことです。
ですから、少ない資金で投資が可能となり、その分リスクも低く抑えて取引できるというメリットがあるため、これから株を始めようとする株初心者にとっては検討に値する取引方法かもしれません。

株やFXなど金融投資は魅力的です。
低金利時代で利息は当てにできないような現在では、これから先の生活設計を考える上でも投資をまったく考えないわけにはいかないでしょう。

ただ、株式の場合はある程度の投資資金が、つまり元手がが必要となります。
そこで、投資資金があまりない場合などに検討したいのがミニ株といわれるものです。
取引単位が数十万円、数百万円もするような株であったとしてもミニ株ですと手が届きやすくなります。それは、ミニ株とは取引単位が一桁小さい投資法のことで「株式ミニ投資」の略であるからです。

ミニ株のメリット

ミニ株は、単位株の10分の1で取り引き可能なので資金が少なくても高額銘柄の株が買えることです。 株式投資ははハイリスクハイリターンの投資になりますが、リスクをできるかぎり減らす方法として分散投資がありますが、少ない資金でもこの分散投資が可能になることもメリットといえるかもしれません。

ミニ株のデメリット

ミニ株では手数料が通常の単位株取り引きより高めに設定されています。 また、「約定」といって売買の値段が決まるのが翌日になります。 つまり、約定が成り行き任せで、指し値取引ができないことは注意しましょう。

このように魅力的な点もあるミニ株ですが、すべての証券会社がミニ株を取り扱っているわけではありません。
ミニ株、すなわち株式ミニ投資を行うには、ミニ株を取り扱っている証券会社をさがして選択して下さい。

FX投資の必勝法