外国株とは

FX投資の必勝法

株式は日本国内だけでなく、もちろん海外マーケットで各国の株式が上場され日々取引されています。外国株とは、文字通りこのような海外の企業が発行する株のことで、国内および国外の証券取引所に上場されている株式を売買することが可能です。

東京証券取引所の外国部に上場されている外国株でしたら、株価が円建てで表示されていますので、国内株と同じように売買することが可能です。

外国株取引を始めうには証券会社に「外国証券取引口座」を開設することで始められます。
外国株の取引では、国内の証券会社の場合、外国委託取引、国内店頭取引、国内上場外国株の売買、大証上場カントリーファンドでの売買という4つの方法があります。

外国株で注意すべきは、国内の株式を購入するのと違って株価の変動に加えて、為替変動も考慮する必要があるというところにあります。
これは外貨取引FXと同じようなことが言えます。
その他にも、国内と違って情報入手がやりにくいことや、取引の時間帯が異なることなども注意すべきでしょう。

しかし、近頃ではインド株投信が売り出された直後に完売するなど、外国株への人気が高まっています。
外国株の対象国の将来成長を見込んで投資する商品です。
外国株で扱いが多いのは、米国株、中国本土株、中国香港株、台湾株、韓国株、インド株投信、中国株投信などが上げられます。
このように外国株には世界的規模で活躍する優良企業や、日本の企業以上に成長性が高い企業も多くそろっているので、投資先として大きな魅力的です。ただし、外国株の場合はその性格上、為替差損、判断材料の入手など国内株とは様相が違うことを十分考慮して取り組むべきです。

FX投資の必勝法