株と手数料

FX投資の必勝法

株を売買する際にかかる手数料は、証券会社によって異なります。
また、1つの証券会社の中でも、定額制と従量制の2つ、プランを用意しているところもあります。

まず手数料定額制ですが、これはその名の通り、何度株取引をしても手数料が一定というプランです。ただし、プランによって「1日あたり」「1ヶ月あたり」と設定が異なりますので、その点の注意が必要です。
次に従量制ですが、現在株の売買にかかる手数料の形態としては、こちらが一般的なようです。
このプランは例えば「50万円までの取引なら手数料は500円で、100万円までなら900円」などといったように、取引額によって手数料の金額も異なります。

またこのプランは当然ですが、株取引を行うたびに毎回手数料がかかります。
手数料は株の購入価格を上げ、利益を下げます。

株は「買って売る」の繰り返しですので、手数料が安いにこしたことはありません。

例えばあなたが行おうとしている株取引が、デイトレードといった、一日のうちに取引を完結させる短期売買のスタイルであれば、もちろん定額制のほうが得ですし、長期的に株を保有し、月に数回しか株取引をしないというかたであれば、重量制のほうが得になることは想像に難くないと思います。

このように自分の目的と株売買の頻度に合わせて証券会社や手数料のプランを選ぶことは、コスト面から考えるととても非常に重要といえます。
「ただなんとなく」ではなく、しっかり自分の投資スタイルを検討してから証券会社と契約を交わしましょう。

FX投資の必勝法