投資信託の基準価格とは

FX投資の必勝法

投資信託の「基準価格」と多くの場合にそのような表記を見ますが、正しくは「基準価額」、「投資信託基準価額」のことです。

これはふだん用いられない用語なので、「投資信託基準価格」で通っているようです。
以後、ややこしくなるので、「基準価格」で進めます。
投資信託の基準価格とは、投資信託(ファンドとも言います)1口当たりの時価のことを言い、個々のファンドの運用成績を表すものです。

投資信託基準価格は、
「純資産額÷受益権口数」
で得られます。

投資信託(ファンド)の総資産は、ファンドに組み込まれた株や債券などの資産やその利息、配当などによって総資産額が算出されます。
この総資産から、未払い金や未払い収益分配金などの総負債を差し引いたものが純資産です。

投資信託の基準価格とは、上の式通り、純資産を総口数で割ったものですから、ファンドの資産運用によって、毎日基準価格も変動します。
この投資信託基準価格は解約や投資判断には欠かせないものですから、翌日の日経新聞など主要各誌に掲載されています。

基準価格が毎日変動する性格のものですが、その上下に一喜一憂することはありません。
投資信託では、基本的に中長期的運用を目指して組まれているものが多く、そのため投資信託を選ぶ際には、中長期的な視野から基準価格を判断することが求められます。

日々変動するという点では、投資信託の基準価格は、株式取引における株価に相当します。
投資信託の中に組み込まれた株や債券の価格が上昇すれば基準価格も上昇、反対に価格が下降がれば基準価格も下降することになります。
株価と同じように、投資信託を購入した時点での基準価格よりも高いときに売却すれば利益が得られ、下回ったときに売却すれば損失が発生する、そういう基準判断材料になるわけです。

FX投資の必勝法