FX取引と為替差益

FX投資の必勝法

FX(外国為替証拠金取引)で行われる取引には、大きく分けて、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。
ここでは、FX初心者向けにその概要と違い、使い分け方について説明してみましょう。

まず、キャピタルゲインは、日本語では「為替差益」で儲けることを言います。
為替差益は、FX取引の基本です。
いわゆる株の相場差益に相当するもので、大きく儲けるにはキャピタルゲインを中心に据える必要があります。
理由は、インカムゲインの項で説明しますが、金利のみで儲けようとしても、為替レートがほんの少し変動しただけで、利益がふっとんでしまい、損はしないが儲けもでないということになりがちだからなんです。
これでは、FX初心者は全然面白くないですよね。

もちろん資産保全のために外貨口座を開設しているのなら、とやかく言うことではないですが、儲けようと思ったら、まずは為替差益で儲けるキャピタルゲインを中心に据えるべきです。

そのキャピタルゲインですが、仕組みを言ってしまえば簡単で、要するに「安く買って高く売る」ということです。
これは株でも一般のビジネスでも原則は同じです。
ただし、FXが株や商取引と違うところは、為替レートが上がっても下がっても儲けが出せるということが挙げられます。
言い換えれば「高く売って安く買う」という取引が出来るんです。

というのは、株や商取引が「買い(仕入れ)」から入るのに対して、FXは「売り」から入ることができるからなんです。
たとえば、 1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合、1ドル=110円になったとき1万ドル(110万円)分を買い直せば、10万円(120万円-110万円)の利益が出ます。

このように、FXのキャピタルゲインは、相場高、相場安の両面から攻めていくことができるんですね。
FX初心者は、まずキャピタルゲインの練習からはじめるべきでしょう。
後で書きますが、バーチャルFXというゲーム感覚で出来るサービスがありますので、そこで練習してみるのも賢い方法です。

FX投資の必勝法