FX取引と証拠金について

FX投資の必勝法

FX取引は最初に証拠金をFX取引業者に預けることによって取引が開始されます。
外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でまかなうのではなく、一種の担保のような資金をFX業者に預けて取引を行います。
証拠金の額は、最低1万円、一般的には10万円くらいが相場のようです。

この証拠金に対してレバレッジをかけることで、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が可能になります。
レバレッジの倍率は業者によって異なりますが、最高レベルで見ると、10万円の証拠金に対して最高2000万円の取引が行えることになるわけです。
この点がFXの魅力でもある訳ですが、FX初心者の場合はいきなり高いレバレッジをかけてしまうと、当然応分のリスクも負わねばならないですから、最初は10倍程度の低いレバレッジで練習してみて、FX取引の概要をつかむことから始めるのが得策です。

慣れるにつれてFX初心者を卒業する頃になったらレバレッジの率を上げて行けば、より多くの額の取引が可能になります。

なぜ、このような仕組みになっているのかというと、為替レートは一般的には変動率が小さいので、特にキャピタルゲイン(為替差益)で儲ける場合には相当数の資金がなければ、大きな儲けが出ないからなです。
相当数の資金を自己資金でまかなうとなれば、FXを始められる人はぐんと減ってしまいます。
それで一種の信用取引きのような形で証拠金を預け、レバレッジをかけることによって、FX初心者に対する敷居を低くしているんですね。

FX投資の必勝法