住宅ローンと年収

FX投資の必勝法

住宅を購入するに当たって、判断材料となる項目はいくつかあると思います。
例えば、立地条件、面積、日当たり、施設、周りの環境……それらを総合して、自分の住みたい家であるかどうかを判断する事になります。
しかし、ある意味それ以上に重要なことがあります。
それは、価格です。
そして、その価格の許容範囲を決定付けるのが、ご自身および家族の年収です。

住宅ローンを組むとき、ご自身および家族の年収は何よりも大事な指標となります。
月々の返済額は、年収が幾らかでほぼ決まるので、当然と言えば当然です。

ご自身の年収をしっかりと把握し、その年収に無理のない返済額を算出し、そこから金利がどの程度ならば払っていけるかと言う計算を行って、その許容範囲の中で住宅を探すというのが一般的な住宅選びの仕様なのではないでしょうか。

一般的に、住宅ローンは年収の4倍までと言う基準が設けられています。
これによるとたとえば、年収500万円の人ならば、住宅ローンは2000万円までが限界ラインであると言う法則です。
これ以内ならば、ある程度金利に対して幅をもたせることもできますし、負担やリスクがなく返済できる、と言われています。

年収が多い人であれば、ローン年数を少なくして、変動金利型で借りれば、より少ない金利で借入ができるので、かなり有利といえます。
しかし、年収がさほど多くない方でも、しっかりとした住宅ローン選びを行い、綿密にプランを選択し、しっかりとした返済計画さえ立てれば、特別なことが起こらない限りは大丈夫です。

FX投資の必勝法