FX取引 コストと税金について

FX投資の必勝法

FX取引で利益が出たとしても、その利益がすべて自分のものになるわけではありません。
FX取引の手数料やスプレッド、そして税金を支払う必要があります。

まず手数料の場合、会社によって違いますが、たとえば1ドルの片道(売りまたは買いのどちらか)で0.02円~0.4円といったところです。

1万ドルを売ったとしたら、おおむね200円から2000円程度ということになります。

同じ外貨取引でも外貨預金の場合には、1ドルにつき片道1円くらいになりますので、1万ドル売ったら1万円ということになりますから、それに比べたらFXは非常に安いといえるでしょう。

これはFXが短期売買を繰り返すことが多いため、低く抑えられているわけです。

ですが、安いからといって、あまりに細かい短期売買を繰り返すと、差益がそれほどでもないのに、コストばかりが積み重なって、長期的にはそれほど儲かっていないという結果にもなります。

スプレッドとは、為替相場と実際に取引をする際の価格との差です。
例えば、ドル円(USD/JPY)で売値115.05ー買値115.08と表示されていれば、売る場合に0.5円、買う場合に0.8円のスプレッドがかかっていると考えてよいでしょう。

このスプレッドも業者によって差があり、手数料とスプレッドの合計額が取引の際のコストとなります。
手数料が安くてもスプレッドが高い(あるいはその逆)という場合も考えられますので、この辺は業者を選ぶときにFX初心者は必ずチェックしたほうがいい点です。

最後に税金です。
日本の預金でも利子に税金がかかることからもわかるとおり、FXによって得たキャピタルゲインやインカムゲインは課税の対象です。
FXの場合、雑所得という扱いになっているので、総計が20万円を超えた場合には確定申告の必要が生じます。
さらに、被扶養者扱いになっている主婦がFXで50万円以上の利益を出すと、扶養からはずれるようになります。

ですから、FX初心者も、できるだけ必要経費項目を増やして、無駄な税金を払わないようにしたほうがいいでしょう。
FXに関連する控除項目は、パソコン購入費、インターネット接続料、FX関連書籍購入費などがありますが、手っ取り早く必要経費を捻出するにはパソコンを買うというのもいいかもしれません。


以上、FX初心者が知っておくべきコストについてまとめてみました。

FX投資の必勝法