外貨預金とFXの違いとは?

FX投資の必勝法

外国為替証拠金取引(FX)と外貨預金との違いを比較してみたいと思います。

まず、FXは、証拠金(保証金)を担保にお金を借りて為替相場で取引を行うものです。
いくらまで貸してくれるか(レバレッジ)は取引業者によって異なります。

購入する最小単位も取引業者によって異なり、通常は米ドルの場合は最小1万ドルからが普通です。

証拠金の資金は、5万円ほどから始められます。

次に、外貨預金の場合は、現物取引になります。

取引は、FXは、土日以外は一日24時間いつでも取引が可能です。
ですが、外貨預金の場合は、営業時間内の取引となります。

FXは、為替相場のどの局面に動いていたとしても儲けることが可能です。
通常は、買って売るという行為が基本ですが、株式投資と同じように、売って買うという行為も可能です。

仮に1ドル=110円の時に1万ドル(110万円)を売って、ドル円の為替相場が100円に円高に動いた場合、持っている1万ドルを買い戻すことができれば、10万円の儲けになります。

普通の外貨商品では為替相場が上昇したときには儲けられますが、為替相場が下降したときには損になります。

外貨預金は為替相場が上昇したときのみ儲けられます。
利息については、FXは、保有中、毎日、利息がもらえます。

これはスワップ金利といい、普通の外貨預金や外貨の定期預金より金利が高いです。
また、手数料は米ドルの外貨預金の場合、為替レートは買う場合のレート(TTS)と売る場合のレート(TTB)があり、実際の為替レートより1ドル1円の上乗せがなされています。

外貨預金の場合、手数料のことを考えると1ドル2円以上値上がりしないと、実質、利益が出ないということになります。

それに対して、FXは手数料が1ドル10銭程度で、レバレッジ(1倍)の現物取引で行うならば、外貨預金と条件は一緒なので手数料は、1ドルあたり90銭もお得になります。

米ドルの場合の最小取引は、1万ドルですので、外貨預金を1万ドル以上お持ちで、FXの現物のレバレッジ1倍で行なえば、外貨預金と比べて、金利、手数料が安いので断然お得ということになります。

為替の差益、差損は、FXであろうと外貨預金であろうと保証されないリスクは同じです。

FXおよび外貨預金について共通しているのは、株のように、会社が倒産して株券が紙くずになったり、いきなり株価が下がったりすることは、為替相場ではあまりありません。

今後の資産運用には、FXは、外貨の分散投資として魅力的な商品のひとつです。

■あなたは、自分のお金を投資するときにこんな間違いをしていませんか?

■あなたは何故投資の世界では8割の人が負けているか知っていますか?

■あなたは何故、みんなが買っている時は、買わないほうがいいの か知っていますか?

■あなたは、どうやって自己資金の数%の範囲内で、年間30%、40% といった利益を出せるのか知っていますか?

このメルマガは、FXをこれから投資を始めようと勉強している人、なかなか始める勇気が持てない人、なかなか利益をあげられない人といった方々に向けていかにリスクを最小にしがら利益をとっていけばいいのか、という事をお伝えするためのものです。


■FX投資家に朗報!10年に1度の買いのチャンス到来!?

■もし今、あなたがFX投資で損を抱えて胃をキリキリさせて
いるとしたら、この6分間の極秘映像を見る事は何よりも重要です。

■なぜなら、10年に1度のビッグチャンスをものにして、利益を
上げる事ができるようになるからです。

■500人が映像を見た段階でこのページはなくなります。今すぐ
下記をクリックして下さい。
http://www.123profit.jp/

FX投資の必勝法